十二国記通信―麒麟便り―


『黄昏の岸 暁の天(そら)』本日発売!

シリーズで最大の衝撃がはしる
『黄昏の岸 暁の天』が発売になりました!

『風の海 迷宮の岸』で、幼い泰麒が王として選んだ驍宗により、戴国は再興に向かうはずだった。
しかし王は還らず、麒麟も消えた国──あの日の泰麒の決断は過ちだったのか。だが、麒麟がいなければ、王は選べず国は立ちゆかない。ゆえに泰麒を探し出すため、慶国に助けを求める女将軍李斎(りさい)、そして景王陽子の許に集まる諸国の麒麟たち。はたして、この国を救うことはできるのか……。

そして新作へ──
待望の書下ろし長編は、すこし長めになります。
鋭意執筆中ですが、発売日は決まり次第発表いたしますので、楽しみにお待ちください!

『黄昏の岸 暁の天 十二国記』
発行形態:新潮文庫/判型:新潮文庫
ISBN:978-4-10-124059-6
整理番号:お-37-59/発売日:2014/04/01
767円(定価)
[→]書籍詳細ページ

購入

【山田章博による挿絵5点が描き下ろし!】
2014/03/28