シリーズ作品紹介/著者プロフィール
  • 『魔性の子 十二国記』
  • 『月の影 影の海 十二国記』
  • 『風の海 迷宮の岸 十二国記』
  • 『東の海神 西の滄海 十二国記』
  • 『風の万里 黎明の空 十二国記』
  • 『丕緒の鳥 十二国記』
  • 『図南の翼 十二国記』
  • 『華胥の幽夢 十二国記』
  • 『黄昏の岸 暁の天 十二国記』

シリーズ作品紹介

『風の海 迷宮の岸 十二国記』王を選ぶ役割を果たせぬ少年の葛藤! 十年の時を経て故国へ戻された幼い麒麟は正しい「決断」を下せるのだろうか――。『魔性の子』の謎に迫る衝撃作!【山田章博氏による挿絵5点が描き下ろし!】今回は、なんと言っても幼い泰麒の愛らしさと苦悩するせつない表情が堪りません。そしてもちろん、圧巻のシーンも!

発行形態:新潮文庫/判型:新潮文庫/ISBN:978-4-10-124054-1/整理番号:お-37-54/発売日:2012/10/01
680円 

購入

 書籍詳細を見る
泰麒(たいき) 蓬山に卵果として実りながら、〈蝕〉によって蓬莱へ流され、人の子として育った 麒麟。故国へ戻り、王を選ぶ役割を担うも果たせぬ日々に、幼い心を痛める。
驍宗(ぎょうそう) 王の名乗りを上げて昇山した将軍。軍才と人徳を備えた人物だが、あまりの覇気に泰麒は怖れを感じる。
白汕子(はくさんし) 麒麟が枝に実った時から孵る時を待ち、守り育てる女怪の一人。泰麒に深い愛情を注ぐ。