シリーズ作品紹介/著者プロフィール
  • 『魔性の子 十二国記』
  • 『月の影 影の海 十二国記』
  • 『風の海 迷宮の岸 十二国記』
  • 『東の海神 西の滄海 十二国記』
  • 『風の万里 黎明の空 十二国記』
  • 『丕緒の鳥 十二国記』
  • 『図南の翼 十二国記』
  • 『華胥の幽夢 十二国記』
  • 『黄昏の岸 暁の天 十二国記』

シリーズ作品紹介

『風の万里 黎明の空〔上〕 十二国記』苦難を抱え、人はみなその運命に泣いていた。陽子は王ゆえに葛藤し、少女たちは嫉妬と羨望に哭く。――希望に向かい旅立つのだが。

発行形態:新潮文庫/判型:新潮文庫/ISBN:978-4-10-124056-5/整理番号:お-37-56/発売日:2013/04/01
680円 書籍詳細を見る

購入

『風の万里 黎明の空〔下〕 十二国記』王は全ての希望と信じ、人々は立ち上がる! 圧政に苦しむ民たち、命を落とした子ども――国の安寧と幸せは、必ずやこの手で!

発行形態:新潮文庫/判型:新潮文庫/ISBN:978-4-10-124057-2/整理番号:お-37-57/発売日:2013/04/01
724円 書籍詳細を見る

購入

【山田章博氏による今作の描き下ろし挿絵は、上下巻合計10点!】上巻は、陽子と祥瓊と鈴が対峙する、それぞれの苦しみが胸に迫ります。下巻は、如何なる苦難にも屈せず、一歩を踏み出す人々の姿に、命を諦めない勇気をもらいます。私たちには降りかかることのないものに思えますが、実は身近に迫る苦悩にも重なり、深く考えさせられます。