2014年 1月 開講!!

東京古道散歩 古代官道と鎌倉街道の跡を巡る

終了しました

2014年<br>
1/11(土)座学 <font color=#FF0000>13:00〜14:30</font><br>
2/1(土)野外 <font color=#FF0000>13:00〜15:30</font><br>
3/1(土)野外 <font color=#FF0000>13:00〜15:30</font><br>※全3回<br><br>
※各回の詳細は「カリキュラム」欄をご覧下さい。

講師名

荻窪 圭(古道研究家)

講座内容

東京の歴史というと、どうしても江戸を中心とするスポットに目が行きがちですが、在原業平は突然隅田川に現れたわけではありませんし、徳川家康も突然江戸城に現れたわけじゃありません。京から江戸や隅田川へつながる「道」があったからです。大勢の人々や物資が行き来してこそ歴史は動くのであり、「道」があってこその歴史なのです。そんな古道の多くは失われていますが、細かく伝承や史跡を辿ると、意外なところに古代から使われたとおぼしき道が残っています。そんな道を歩きながら、千年前から人々はここを歩いていたのだなと想像したり、道の端に昔の名残を見つけて歴史探偵っぽい発見の楽しさを味わいましょう。今回は東京を通った道の歴史を律令時代から江戸時代まで概観し、実際に発掘された古代の東山道武蔵路や都心に残る古鎌倉街道といわれる道を歩き、古道散歩の楽しさを発見したいと思っています。(講師・記)

日時

2014年
1/11(土)座学 13:00〜14:30
2/1(土)野外 13:00〜15:30
3/1(土)野外 13:00〜15:30
※全3回

※各回の詳細は「カリキュラム」欄をご覧下さい。

受講料

7,875円(税込2,625円×3回)

教材費

1,200円(税込600円×2回)
※イヤホンレンタル料/傷害保険料

設備維持費

カリキュラム

1月11日 13:00〜14:30 座学 「東京を通っていた道の歴史を知る」
律令時代から江戸時代まで、東京を通っていた主な道を紹介しながら、東京の歴史を概観し、江戸が日本の中心になる前の東京の様子を古道を中心に探ります。
 集合場所:JR中央線・武蔵野線「西国分寺」駅改札前

2月1日 13:00〜15:30 野外講座 「東山道武蔵路と武蔵国分寺篇」
律令時代、武蔵国の国府は今の府中にあり、東海道ではなく、東山道に属していました。その頃のまっすぐな官道が発掘されています。当時の官道跡や武蔵国分寺を中心に律令時代の東京の中心を満喫します。

3月1日 13:00〜15:30 野外講座 「早稲田から鬼子母神へ 古鎌倉街道篇」
各地の武士達が鎌倉へ駆けつけるための道「鎌倉街道」の何本かは東京を通っていました。早稲田から鬼子母神にかけて残る、鎌倉街道中道の名残を歩きながら史跡や伝承とともに中世以前の東京を発見しましょう。
 集合場所:JR山手線「高田馬場」駅前「ビッグボックス」1F

各自準備

・野外講座は現地集合、現地解散です。
・資料とイヤホンをお渡ししますので5分前までにお集まり下さい。
・現地までの交通費は自己負担でお願いいたします。
・歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。

講師紹介

1963年生れ。東京農工大学工学部卒業。デジタル系全般のライター・カメラマンとして活躍する傍ら、古地図収集と古道探索を行っている。著書に『東京古道散歩』(中経の文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』 (ソフトバンク新書)など。 「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に古道研究家として出演経験あり。

備考

受講料、教材費、設備維持費はすべて税込金額です。

 定員に達しましたため、お申し込み受付を終了させていただきました。キャンセル待ちのご希望・お問い合せはお電話にて承ります。

03-3266-5776

電話受付時間:10:00~18:00
土日・祝日除く

新潮講座事務局

メールマガジン

新潮社がお送りするプレミアム教養講座「新潮講座」の最新情報をいち早く、詳しくお届けします!

登録

〈0020〉BNR_Facebook

〈0010〉BNR_twitter