2015年 10月 開講!!

新刊記念対談〈新潮社・朝日カルチャーセンター共催〉

「すまいるほーむ」の物語 介護民俗学へようこそ!

終了しました

2015年10月25日(日) 13:30〜15:00 全1回

講師名

六車由実(介護施設職員)・岡野雄一(漫画家)

講座内容

高齢者と真摯に向き合い、人生の先輩として話を聞く。そんな民俗学の「聞き書き」の方法を取り入れたユニークな介護施設があります。そこは、六車由実さんが管理者を務める沼津市のデイサービス施設「すまいるほーむ」。デイルームでふと語り出される鮮やかな記憶、思い出の味、意外な戦争体験、切ない恋バナ。多彩な物語が笑いと涙を呼び、認知症の人も介護スタッフも、生き生きとした感情を取り戻していきます。本講座は、「ペコロス」さんの愛称で親しまれている漫画家・岡野雄一さんとのスペシャルトーク。認知症の人の豊かな物語世界を穏やかに受け止めた岡野さんと、「ぼけること」「老いること」の価値について考えます。ご期待ください。

日時

2015年10月25日(日) 13:30〜15:00 全1回

受講料

3,780円(税込)

教材費

設備維持費

カリキュラム

各自準備

講師紹介

六車由実(むぐるま ゆみ)
1970年静岡県生まれ。社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員。『神、人を喰う――人身御供の民俗学』でサントリー学芸賞受賞。その後民俗学者から介護職に転身、『驚きの介護民俗学』で話題に。好評の最新刊は『介護民俗学へようこそ! 「すまいるほーむ」の物語』(新潮社刊)。

岡野雄一(おかの ゆういち)
1950年長崎県生まれ。老いた母との日々を綴った『ペコロスの母に会いに行く』で日本漫画家協会賞優秀賞受賞、映像化もされた。他に『ペコロスの母の玉手箱』『「ペコロスの母」に学ぶ ボケて幸せな生き方』など。

備考

受講料、教材費、設備維持費はすべて税込金額です。

03-3266-5776

電話受付時間:10:00~18:00
土日・祝日除く

新潮講座事務局

メールマガジン

新潮社がお送りするプレミアム教養講座「新潮講座」の最新情報をいち早く、詳しくお届けします!

登録

〈0030〉BNR_takeda-masako_blog

〈0020〉BNR_Facebook

〈0010〉BNR_twitter