2016年 1月 開講!!

東京古道散歩 鎌倉街道・筏道を巡る

2016年1/9(土)、2/6(土)、3/5(土)13:00〜15:30<br>
全3回<br><br>

※すべて野外講座です。各回の詳細と集合場所は「カリキュラム」欄をご覧下さい。

講師名

荻窪圭(古道研究家)

講座内容

東京中を覆う、幹線道路や生活道路、路地や川跡の緑道と無数の道から、ひときわ古い道を探し出して実際に歩いてみるのが古道散歩です。何百年も前から使われ続けた道には、最近のまっすぐで機能重視の道路と違って、地形を生かしたナチュラルな良さがあります。古い道ですから、道ばたに庚申塔や道祖神が残り、古社古刹がときどき顔を出し、風情を醸し出してくれます。東京は、徳川家康が入部して以来改造され続けていますから、すべてが残っているわけではありませんが、だからこそ江戸時代以前からあったとおぼしき道を見つけたときの楽しさは格別です。
今回は、古道の特徴を色濃く残し、史跡も一緒に訪ねられる散策に向いた道を、鎌倉街道から筏道まで3本歩いてみようと思います。道を意識しながら歩くことで単なる史跡めぐりとは違った歴史とのふれあいを感じられるかと思います。(講師・記)

※一回毎のお申込も可能です。

日時

2016年1/9(土)、2/6(土)、3/5(土)13:00〜15:30
全3回

※すべて野外講座です。各回の詳細と集合場所は「カリキュラム」欄をご覧下さい。

受講料

一括申込の方
7,800円(税込2,600円×3回)

個別申込の方
受講料3,000円/回(税込)

教材費

一括申込の方
2,040円(税込680円×3回)※イヤホンレンタル料/傷害保険料

個別申込の方
680円/回(税込)※イヤホンレンタル料/傷害保険料

設備維持費

カリキュラム

1月9日(土) 13:00〜15:30
千住 江戸時代の日光街道と中世の道
江戸時代に宿場として賑わった北千住。今でも日光街道の旧道が残っていますが、江戸時代以前はさらに異なる道筋でした。源義家伝説が残る千住神社や、元宿神社を巡り、源為義の三男・義広が創建したと言われる明王院、さらに西新井大師の近くまで足を伸ばします。
集合場所 JR常磐線・東京メトロ千代田線 北千住駅 西口駅前広場方面改札前
(改札が複数ありますのでご注意下さい)
※解散は東武伊勢崎線・大師線西新井駅を予定しています。

2月6日(土) 13:00〜15:30
調布 深大寺道と佐須街道
733 年(奈良時代)創建と伝わる古刹・深大寺への参詣路であった古道と、それに直交する佐須街道を歩きます。深大寺の開基・満功上人の生誕地跡と言われる祗園寺や、延喜式内社とされる虎狛神社や青渭神社を巡り、千数百年の昔に思いを馳せてみましょう。
集合場所 京王線 柴崎駅 北口改札前
(新宿方面ホーム側の改札です。南口改札もありますのでご注意下さい)
※解散は京王線布田駅を予定しています。

3月5日(土) 13:00〜15:30
多摩川 筏道と古墳巡り
今をときめく二子玉川も、かつては「渡し」のあった場所でした。そのよすがを伝える丸子川( 六郷用水)沿いの道標を見学した後、多摩川の流れを利用して木材を運んだ業者たちが多く行き交った「筏道」を歩きます。旧多摩川の名残である明神池跡、墳頂に上れる帆立貝形古 墳「野毛大塚古墳」、六郷用水と谷沢川の立体交差などなど、江戸と古墳の両方を楽しみましょう。
集合場所 東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅 改札前
(改札は一ヶ所です)
※解散は東急大井町線九品仏駅を予定しています。

各自準備

・野外講座は現地集合、現地解散です。
13:00「出発」です。資料とイヤホンをお渡ししますので5分前までにお集まり下さい。
・現地までの交通費は自己負担でお願いいたします。
・歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。

講師紹介

1963年生れ。東京農工大学工学部卒業。デジタル系全般のライター・カメラマンとして活躍する傍ら、古地図収集と古道探索を行っている。著書に『東京古道散歩』(中経の文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』 (ソフトバンク新書)など。「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に古道研究家として出演経験あり。

備考

受講料、教材費、設備維持費はすべて税込金額です。

この講座に申し込む

03-3266-5776

電話受付時間:10:00~18:00
土日・祝日除く

新潮講座事務局

メールマガジン

新潮社がお送りするプレミアム教養講座「新潮講座」の最新情報をいち早く、詳しくお届けします!

登録

〈0030〉BNR_takeda-masako_blog

〈0020〉BNR_Facebook

〈0010〉BNR_twitter