2017年 10月 開講!!

石井あつこさんと行く「廃道」巡礼バスツアー Route4

終了しました

講師名

石井 あつこ(廃道探索家)

講座内容

ある時を境に使われなくなり、やがて地図からも人々の記憶からも消えてしまった廃道。その「遺跡」を巡る旅に出かけてみませんか? 廃道探索家の石井あつこさんが、いつもとは時の流れが違うスポットを案内してくださいます。

【講師から】
 過渡期の道はどこにいった--。
 馬車が登場して150年、自動車が登場して100年とちょっと。日本の道路は目まぐるしく更新されていった。では、いまの道路になる前は? その前の前は? 地図からは消えてしまった過去の道を、資料と地形図、実踏から紐解いていく。
 今回は群馬県安中市。明治11年、明治天皇御巡幸の為、中山道の難所を避けて新道がつくられた。その新道が一等国道として供されたのはわずか7年。その後は長い余生を遊歩道として、そして廃道として過ごした。明治天皇が鳳駕で時には徒歩で越えた道を辿る(*今年大部分が再整備された為、厳密には廃道ではありません)。
 午後は小諸市にある、おそらく大正時代に竣工した黎明期の美しいコンクリート隧道を探す。(講師記)


※本講座のお申し込みは、以下の電話・メールにて承ります。
℡:03-3576-5131 (株)関東観光社
mail:shin@bus-raku.net

(下欄の「この講座に申し込む」からお進み下さい)


※スケジュールはカリキュラム欄をご覧ください。

日時

2017年10月14日(土)《日帰り》
出発時刻:午前8時00分

※時間厳守でお集まり下さい。欠席など当日連絡先:090-8081-0867(当日のみ)
集合場所:鍛冶橋駐車場(東京駅八重洲南口より徒歩5分)

【集合場所のご案内】
〈東京駅から〉
八重洲南口を出てすぐに右方向へ曲がり、 まっすぐ進むと鍛冶橋交差点(巨大な換気塔が目印)があります。横断歩道を渡っ た先の右側です。
〈京橋駅から〉
3番出口(東京スクエアガーデン直結) を出て、鍛冶橋通りを鍛冶橋交差点方向 へ進んで下さい。

※最小催行人員25名
※添乗員は同行しません。新潮講座スタッフがお世話いたします。

受講料

11,000円

※旅行代金に含まれるもの
パンフレットに記載されたスケジュールの交通費(バス代・有料道路料金・駐車料)、企画料、受講料、講師料、消費税等諸税。これらの費用は、お客様の都合により一部利用されなくても原則として払い戻しいたしません。なお個人的費用は含みません。

【旅行代金のお支払い】
旅行代金は旅行出発日の14日前までにお支払いいただきます。
【取り消し料】
契約の成立後(ご入金後)、お客様のご都合で契約を解除されるときは、次の金額を取り消し料として申し受けます。
10日前(10月4日)以降 代金の20%
7日前(10月7日)以降 代金の30%
旅行開始日前日の解除 代金の40%
旅行開始当日の解除 代金の50%
無連絡不参加 代金の100%
旅行開始後の解除 代金の100%
※上記の取り消し料はお一人様分です。

教材費

設備維持費

カリキュラム

鍛冶橋駐車場(8:00発)――御巡幸道路(碓氷湖P/群馬県安中市、10:20~14:05)――宮沢隧道周辺(予定/長野県小諸市、15:10~16:30)――――東京駅(19:00着)

※当日の天候・交通状況等により行程や滞在時間を変更する場合がございます。ご了承下さい。

各自準備

〈必須〉登山靴(またはトレッキングシューズ)、軍手、昼食
     その他、必要に応じてトレッキングポール、雨具、帽子、飲み物、着替え、健康保険証、常備薬などをご持参下さい。
昼食は山中で取りますので持参してください。往路休憩の際、購入することも可能です。

講師紹介

東京都生まれ。新旧の地形図を見比べ、廃道探しを すること10年。NHK(BSプレミアム)「廃道熱中人」 や「新日本風土記」、テレビ東京「土曜スペシャル極 旅」等、メディアに度々取り上げられるほか、日活 「廃道」シリーズ三部作に出演。2014年にはテアトル新宿にて、廃道ドキュメンタリー映画「The eobroaders」の上映も行った。まだ見ぬ過去の道を追い求め、精力的に活動中。

備考

【注意事項】現地は「道」ではなく「廃道」です。荒天の際は主催者判断によりコースの変更または中止とさせていただくことがあります。あらかじめご了承下さい。
 また装備が十分でなかったり身体的・精神的に参加継続が難しいと思われる方には、ツアー催行中でも待機または離脱をお願いする場合があります。十分に準備してご参加下さい。

受講料、教材費、設備維持費はすべて税込金額です。

03-3266-5776

電話受付時間:10:00~18:00
土日・祝日除く

新潮講座事務局

メールマガジン

新潮社がお送りするプレミアム教養講座「新潮講座」の最新情報をいち早く、詳しくお届けします!

登録

〈0030〉BNR_takeda-masako_blog

〈0020〉BNR_Facebook

〈0010〉BNR_twitter