ネムレルビジョ
眠れる美女


川端康成


幼い体に重ねる、命の哀しみ。「最後の一線」で研ぎ澄まされる、圧倒的な性。川端的エロティシズムの金字塔。

波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女――その傍らで一夜を過す老人の眼は、みずみずしい娘の肉体を透して、訪れつつある死の相を凝視している。熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の名作「眠れる美女」のほか「片腕」「散りぬるを」。

発行形態 : 新潮文庫
判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-100120-3
C-CODE : 0193
整理番号 : か-1-15
発売日 : 1967/11/25

文学賞
第16回 毎日出版文化賞 文学・芸術部門

映画化
「眠れる美女」
2007年12月公開


映画化
「スリーピング ビューティー~禁断の悦び~」
2011年11月公開



464円(定価) 購入


プロフィール 目次 感想を送る

川端康成
カワバタ・ヤスナリ

(1899-1972)1899(明治32)年、大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の1918(大正7)年の秋に初めて伊豆へ旅行、旅芸人の一行と知り合う。以降約10年間毎年、伊豆湯ヶ島湯本館に長期滞在する。菊池寛の了解を得て1921年、第六次「新思潮」を発刊。新感覚派作家として独自の文学を貫いた。1968(昭和43)年ノーベル文学賞受賞。1972年4月16日、逗子の仕事部屋でガス自殺を遂げた。著書に『伊豆の踊子』『雪国』『古都』『山の音』『眠れる美女』など多数。

眠れる美女
片腕
散りぬるを
解説 三島由紀夫

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

川端康成 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る