ホーム > 書籍詳細:トモスイ

溶け合いたい。自分が無くなってしまうほどに──。タイ、バリ、韓国……アジアのエロスに溺れる傑作10編。川端康成文学賞受賞作。

  • 受賞第36回 川端康成文学賞

トモスイ

高樹のぶ子/著

464円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2013/09/01

読み仮名 トモスイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-102423-3
C-CODE 0193
整理番号 た-43-13
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 464円

年下の、男の匂いのしないユヒラさんに誘われて、春まだ浅い夜、月光をかがり火がわりに夜釣りに出かけた。一度吸えば、もう死んでもいいと思うくらい美味しいというトモスイを探しに──。第三の性に寛容なタイ訪問を機に創作された川端康成文学賞受賞の表題作。バリの噎せ返る緑のなか、姉と弟の禁断の愛を描く「芳香(ハルム)日記」ほか、アジアのエロスと情熱を湛えた傑作短編十編。

著者プロフィール

高樹のぶ子 タカギ・ノブコ

1946(昭和21)年、山口県生れ。東京女子大学短大卒。1984年「光抱く友よ」で芥川賞、1995(平成7)年『水脈』で女流文学賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞をそれぞれ受賞。2009年紫綬褒章受章。他の著書に『百年の預言』『罪花』『ナポリ 魔の風』『fantasia』『マルセル』などがある。

目次

トモスイ
――
四時五分の天気図
天の穴
どしゃぶり麻玲(まれい)
――
唐辛子姉妹

モンゴリアン飛行
――
ジャスミンホテル
ニーム
芳香(ハルム)日記
あとがき
解説 津島佑子

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

高樹のぶ子
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類