ホーム > 書籍詳細:東京夜話

東京には、なんでもあって、なんでもいた。怪しい闇のバーも、可憐なダッチワイフも、イレズミのある犬も、愛を語る魚たちも。『ぶらんこ乗り』の前史時代、幻のデビュー短篇集。

東京夜話

いしいしんじ/著

555円(税込)

本の仕様

発売日:2006/12/01

読み仮名 トウキョウヤワ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106925-8
C-CODE 0193
整理番号 い-76-5
ジャンル 文芸作品
定価 555円

田町のアパートの一室にひっそりとあった闇のバー。酒と詩情溢れる「うつぼかずらの夜」。新宿で世にも可憐なダッチワイフを助ける「天使はジェット気流に乗って」。大海で出会った二匹が築地で思いを遂げる純愛物語「クロマグロとシロザケ」など、東京の街を舞台とする全18篇。『ぶらんこ乗り』の前史時代、原石の魅力が煌く幻のデビュー短篇集。

著者プロフィール

いしいしんじ イシイ・シンジ

1966(昭和41)年大阪生れ。京都大学文学部仏文学科卒。1996(平成8)年、短篇集『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年、初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。2004年『プラネタリウムのふたご』、2006年『ポーの話』、2007年『みずうみ』が、それぞれ三島賞候補に。その他の小説に『トリツカレ男』『四とそれ以上の国』、エッセイに『いしいしんじのごはん日記』『熊にみえて熊じゃない』『遠い足の話』など。現在、京都在住。

「いしいしんじのごはん日記」更新中 (外部リンク)

感想を送る

新刊お知らせメール

いしいしんじ
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類