ホーム > 書籍詳細:ローマ人の物語 37―最後の努力〔下〕―

帝国に君臨した絶対君主、世界はすでに中世の入り口に。

ローマ人の物語 37―最後の努力〔下〕―

塩野七生/著

432円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2009/09/01

読み仮名 ローマジンノモノガタリ37サイゴノドリョク3
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118187-5
C-CODE 0122
整理番号 し-12-87
ジャンル 世界史
定価 432円

紀元324年、ライヴァルのリキニウスを敗走させ、ただ一人の最高権力者として内戦を勝ち残ったコンスタンティヌス。帝国全体の一新を企て、自らの名を冠した新都コンスタンティノポリスを建設。帝国の絶対専制君主として君臨したコンスタンティヌス帝は、旧来の安全保障の概念を放棄し、キリスト教を特権的に振興。ローマをまったく別の姿に変えてしまう。それは中世のはじまりの姿だった――。

著者プロフィール

塩野七生 シオノ・ナナミ

1937年7月7日、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963年から1968年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2001年、『塩野七生ルネサンス著作集』全7巻を刊行。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2006年、「ローマ人の物語」第XV巻を刊行し、同シリーズ完結。2007年、文化功労者に選ばれる。2008-2009年に『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊が完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

目次

カバーの金貨について
第二部 コンスタンティヌスの時代(承前)(紀元三〇六年―三三七年)
唯一人の最高権力者(インペラトール)/新都建設/指導層の変貌/軍の変貌/富の格差/家庭内悲劇
第三部 コンスタンティヌスとキリスト教
雌伏の時期/表舞台に/「ミラノ勅令」/キリスト教振興策/ニケーア公会議/「インストゥルメントゥム・レーニ」(Instrumentum regni)つまりは「支配の道具」
年表
参考文献
図版出典一覧

関連書籍

判型違い

感想を送る

新刊お知らせメール

塩野七生
登録する
世界史
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ローマ人の物語 37―最後の努力〔下〕―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto