ホーム > 書籍詳細:残るは食欲

物欲なし。愛欲なし(と思われる)。アガワに残されたのは食欲のみ! とりあえずのビールから、手間ひまかけたローストチキンまで。おいしい日常がここに集結。

残るは食欲

阿川佐和子/著

497円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2013/04/01

読み仮名 ノコルハショクヨク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118455-5
C-CODE 0195
整理番号 あ-50-5
ジャンル エッセー・随筆
定価 497円

幼い頃から食べることが好きだった。母手作りの素朴な家庭料理を、家族で囲んだ温かな食卓──。大人になった今は一人で作って一人で食べて「私は天才かっ」と一人で叫ぶ。季節外れのローストチキン。深夜に食したホヤ。カビの生えたパンだってちょいちょいっと削れば、あらおいしい。少し孤独。けれど食欲全開、今日も幸せ。雑誌「クロワッサン」の連載をまとめた極上の食エッセイ。

著者プロフィール

阿川佐和子 アガワ・サワコ

1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』『正義のセ』『聞く力』など。

目次

一丁の至福
未練ケーキ
魅惑のかけご飯
そのまんま茗荷
ギュイーン料理
評価味
一人評
情熱果物
叱られバター
ぞっこん安ワイン
カツサンド観測
オー、御御御つけ
カクテル袋
生姜ジュース
意外な仲
カブと風邪
蘇った食欲
思い出し肴
選択食卓
甘い郷愁
カチンカチンパン
フランシスの朝
野菜嫌い
韓国再発見 木の根っこ
韓国とカレー
パブロフの蕎麦
季節はずれチキン
とりあえずビール
半熟時代
スイカのすみか
孤独なホヤ
タマネギひとつ
かしわいずこ
ニースの掟
ミイラ再生運動
肉味噌妄想
殻取り男
カヌレ君の功名
続カヌレ君
あとがき
あとがきのあとがき

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

阿川佐和子
登録する
エッセー・随筆
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

残るは食欲

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto