ホーム > 書籍詳細:辻

豊潤な言葉の連なりに身を任せると、実感を伴う風景が拡がり、感覚が研ぎ澄まされて行く。至福の読書体験でした。又吉直樹(ピース)

古井由吉/著

637円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/06/01

読み仮名 ツジ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118506-4
C-CODE 0193
整理番号 ふ-8-6
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 637円
電子書籍 価格 702円
電子書籍 配信開始日 2017/05/26

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また――。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。生と死、自我と時空、あらゆる境を飛び越えて、古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な十二の連作短篇。

著者プロフィール

古井由吉 フルイ・ヨシキチ

1937年東京生まれ。東京大学文学部独文科修士課程修了。1971年「杳子」で芥川賞受賞。その後、1980年『栖』で日本文学大賞、1983年『槿』で谷崎潤一郎賞、1987年「中山坂」で川端康成文学賞、1990年『仮往生伝試文』で読売文学賞、1997年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。2012年『古井由吉自撰作品』(全8巻)を刊行。他に、『楽天記』『野川』『辻』『白暗淵』『やすらい花』『蜩の声』『鐘の渡り』『雨の裾』など多数の著作がある。

目次




割符
受胎
草原
暖かい髭
林の声
雪明かり
半日の花
白い軒
始まり
詩を読む、時を眺める 大江健三郎×古井由吉

判型違い(書籍)

関連コンテンツ

感想を送る

新刊お知らせメール

古井由吉
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!