ホーム > 書籍詳細:バイエルの謎―日本文化になったピアノ教則本―

明治以来のロングセラー、みんな弾いてたあの初級ピアノ教本の作者は一体誰なのか?

バイエルの謎―日本文化になったピアノ教則本―

安田寛/著

594円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/03/01

読み仮名 バイエルノナゾニホンブンカニナッタピアノキョウソクボン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120286-0
C-CODE 0173
整理番号 や-75-1
ジャンル 音楽理論・音楽論、音楽
定価 594円

ミドミドミソミド……。誰もが習う初級ピアノ教則本として、明治以来100年以上、日本人の音楽教育の基礎を担った「バイエル」。でも、その作者の経歴はなぜか誰も知らない。疑問に感じた著者はチェルニー偽名説、ペンネーム説など通説を再検討する一方、各国のオリジナル初版を手がかりに、そのルーツを探す旅に出た。遠く異郷で出会った驚きの新事実とは? 魅惑の音楽紀行が始まる!

著者プロフィール

安田寛 ヤスダ・ヒロシ

1948(昭和23)年山口県生れ。1974年国立音楽大学大学院音楽研究科音楽美学修士課程修了。2001(平成13)年奈良教育大学教授。2013年定年退官し現在同大学名誉教授。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞受賞。主な著書に『唱歌と十字架 明治音楽事始め』『日韓唱歌の源流 すると彼らは新しい歌をうたった』などがある。

目次

プロローグ バイエル文化の謎

 ―第一の封印―

第一章 バイエルをめぐる日本人の愛憎
バイエル不在説
長く使われた理由
懐かしい風景
バッシング
偽の伝記
第二章 バイエルを日本に持ってきたのは誰だ?
定説
ハイエル、メトデ貳拾冊
エメリース弐拾冊
メーソンに宛てた書簡
音楽院・ピアノ・メソッド
音楽院の便覧
編集したのは誰か
第三章 初版はいつ出版されたのか?
ムジカノーヴァ
ホフマイスター音楽図書月刊目録
初版の値段
第四章 バイエル偽名説
万国音楽家列伝
酷評
写真の出現
第五章 チェルニー・バイエル同一人物説
推薦状
推薦は本物か
原著で裏を取る
したたかな広告
 ―第二の封印―

第六章 バイエル初版
ウィーンでは人気があったバイエル
万霊節
ニュルンベルクのマイスタージンガー
王室音楽御用達出版者
第七章 驚異の多作家
ショット社
門外不出
ショット社出版目録
重複した作品番号
バイエル併用曲集
第八章 最古のバイエル
ニューオーリンズの初版
教会と市役所と城のある小さな都市
マニュアル
イェール大学
第九章 エディション研究
初版復元
姿を現した初版
本物
 ―第三の封印―

第十章 静かにした手
バイエル受容史
異常な拡張
模倣
天才ピアノ教育家
レーライン・ピアノ教則本
音楽新報
クララ・シューマン
和音聴音
いろおんぷ
体系
第十一章 シュークリーム
合本
番外曲
歴史的経緯
お楽しみ曲
整理
解答
 ―第四の封印―

第十二章 改築申請書
終焉
宣託
死亡証明書
住所録
聖ランペルティ教会
洗礼記録
旅は終わらない
第十三章 最後の秘密
新しい情報
先祖の地
プロテスタント教会音楽
断絶
家族の歴史
受け継がれるもの
母と子と
讃美歌集とオルガン
教会暦
エピローグ 百四十八年後の弔辞
本文注
あとがき
文庫版あとがき


解説 最相葉月

感想を送る

新刊お知らせメール

安田寛
登録する
音楽理論・音楽論
登録する
音楽
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

バイエルの謎―日本文化になったピアノ教則本―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto