ホーム > 書籍詳細:知的唯仏論―マンガから知の最前線まで――ブッダの思想を現代に問う―

日本仏教の特質、オカルト批判、愛、死。日本を代表する二人の論客による本格仏教対談。

知的唯仏論―マンガから知の最前線まで――ブッダの思想を現代に問う―

宮崎哲弥/著、呉智英/著

562円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/12/01

読み仮名 チテキユイブツロンマンガカラチノサイゼンセンマデブッダノシソウヲゲンダイニトウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120321-8
C-CODE 0115
整理番号 み-57-1
ジャンル 哲学・思想、思想・社会、コミック
定価 562円

仏教とは「釈迦の説いた思想」であり、すなわち「唯仏論」である――。仏教を高く評価する非信者、呉智英。仏教徒を自認するが宗派には属さない、宮崎哲弥。わが国を代表するふたりの論客が縦横無尽に語り合う。宗教とマンガ。日本仏教の特質。そして、輪廻とは、神秘体験とは、“私”とは、愛とは? ありきたりな入門・通俗書では満足できないあなたに贈る、知的興奮に満ちたセッション!

著者プロフィール

宮崎哲弥 ミヤザキ・テツヤ

1962年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒業。テレビ、ラジオ、雑誌などを舞台に、政治哲学、生命倫理、仏教論、サブカルチャー分析を主軸とした評論活動を行う。著書に『宮崎哲弥 仏教教理問答』(白川密成、釈徹宗、勝本華蓮、南直哉、林田康順との共著)、『知的唯仏論 マンガから知の最前線まで―ブッダの思想を現代に問う』(呉智英との共著)、『さみしさサヨナラ会議』(小池龍之介との共著)等。

呉智英 クレ・トモフサ

1946(昭和21)年、愛知県生れ。早稲田大学卒業。マンガ評論、知識人論など、さまざまな分野で執筆活動を展開している。日本マンガ学会前会長。『現代人の論語』『つぎはぎ仏教入門』『吉本隆明という「共同幻想」』『愚民文明の暴走』(適菜収氏との共著)など著書多数。

目次

まえがき
第一部 仏教をめぐる、やや通俗的な入り口
1 仏教とは
2 宗教を描く
3 輪廻の解釈学とオカルト批判
4 宗教家の力
5 ブッダと日本仏教
第二部 宗教と「この私」
1 仏教学と体験性
2 神秘体験と救済
3 実存を問う病
4 愛と渇愛
5 現代人の四苦
第三部 仏教と社会
善悪の彼岸

あとがき
解説  魚川祐司

感想を送る

新刊お知らせメール

宮崎哲弥
登録する
呉智英
登録する
哲学・思想
登録する
思想・社会
登録する
コミック
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類