ホーム > 書籍詳細:消費税 政と官との「十年戦争」

容赦ない権力闘争、虚々実々の駆け引き……増税までの舞台裏の攻防を追った緊迫のドキュメント。

消費税 政と官との「十年戦争」

清水真人/著

810円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/12/01

読み仮名 ショウヒゼイセイトカントノジュウネンセンソウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120326-3
C-CODE 0195
整理番号 し-80-1
ジャンル 政治
定価 810円
電子書籍 価格 896円
電子書籍 配信開始日 2016/05/20

人気絶頂の自民党・小泉首相が封印した消費税増税は、なぜ10年の歳月を経て民主党・野田政権で法案成立にいたったか。リーマン・ショックや東日本大震災で火が消えかけながらも、執念深く実現を目指した政治家たちの姿。容赦ない権力闘争、虚々実々の駆け引き、そして死屍累々たる舞台裏の光景……歴史的改革の現場を綿密な取材によって描いた緊迫のインサイド・ドキュメント。

著者プロフィール

清水真人 シミズ・マサト

1964(昭和39)年、京都府生まれ。東京大学法学部卒業後、日本経済新聞社に入社。政治部(首相官邸、自民党、公明党、外務省などを担当)、経済部(大蔵省などを担当)、ジュネーブ支局長を経て、2004(平成16)年より経済解説部編集委員。著書に『官邸主導―小泉純一郎の革命』『経済財政戦記―官邸主導 小泉から安倍へ』『首相の蹉跌―ポスト小泉 権力の黄昏』『消費税 政と官との「十年戦争」』『財務省と政治―「最強官庁」の虚像と実像』、共編著に『ゼミナール 現代日本政治』がある。

目次

序章 アベノミクスと消費税 暗闘の一千日

第1章 「俺は上げない」小泉純一郎の直感
「歳入改革」谷垣の宿命/竹中の壁に財務省の楔/年金改革テコに時間軸/財務省論争と与謝野復活/社会保障税へ「柳澤ペーパー」/ポスト小泉へ路線闘争/「マンキュー、サンキュー」事件/「与謝野の方程式」で急転回/猛進した「中川主計局長」/「未完のゴール」追う谷垣/安倍が財政規律派一掃
第2章 福田康夫と麻生太郎の「静かなる転換」
「第三次財革研」園田動く/「社会保障税10%」構想/大連立挫折で国民会議へ/続「上げ潮派」対「財政規律派」/税制改革に絡んだ「道路」/社会保障に「機能強化」論/公明の減税論と福田退陣/世界大不況に麻生蛮勇/「財政再建」と「社会保障」の暗闘/公明一撃、自民税調の落日/額賀が土俵際で粘り腰
第3章 与謝野馨の深慮遠謀「附則第104条」
下野の予感「法律で縛る」/領袖の座、町村の勝負/安心社会実現会議の挽歌/鳩山公約と野田の助走/戦略室と財務省が綱引き/漂流予算に「小沢裁断」/極北のG7で菅豹変/与謝野の遺産「財政責任法」/「カンジアン」対「小鳩」/財政運営戦略の転換点
第4章 菅直人の蛮勇と3・11後の「成案」
自民10%案に菅抱きつく/生煮え民主、参院選惨敗/財源論で菅・小沢激突/TPP・ねじれで政権漂流/与謝野と園田、盟友決裂/「トロイの木馬」入閣の衝撃/「最低保障年金」に引導/復興財源に消費増税案/財務・厚労省が痛み分け/不信任しのぐ「一定のメド」/仙谷と輿石が党内捌く
第5章 「どじょう宰相」野田佳彦の不退転
「ノーサイド」で輿石登板/防波堤なき「野田一本松」/政治・行政改革の迷宮/「年内素案」へ背水直談判/「話し合い解散」揺れる谷垣/表の司令塔、裏の仕掛け人/「パンドラの箱」年金試算/「大綱」閣議決定も混乱/「極秘トップ会談」の功罪/「一体改革」荷崩れの気配/三月決戦と小沢の誤算
第6章 谷垣禎一「近いうち解散」の結末
小沢無罪、そして控訴/「北風と太陽」自民に温度差/幻の「統治機構改革基本法」/社会保障改革のハードル/公約「撤回」か「棚上げ」か/谷垣の決断、公明の急転/「小沢新党」で民主大分裂/小泉の檄と野田不信任案/「首相の権力」を文書に?/疑心と誤算の問責決議/細野擁立劇と谷垣の退場/党首討論で「自爆解散」
あとがき
文庫版あとがき
解説  宮本太郎

感想を送る

新刊お知らせメール

清水真人
登録する
政治
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

消費税 政と官との「十年戦争」

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!