ホーム > 書籍詳細:一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ

虐待、育児放棄、家庭崩壊……。母に愛されなかった女優は自らの壮絶な体験を綴った。

一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ

遠野なぎこ/著

529円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/04/01

読み仮名 イチドモアイシテクレナカッタハハヘイチドモアイセナカッタオトコタチヘ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120426-0
C-CODE 0195
整理番号 と-29-1
ジャンル 文芸作品
定価 529円

18歳で私を身ごもった母。「お前は醜い」と私に言い続けた母。育児を放棄し不倫に走る母……。そんな母に認められたくて子役の仕事を始めた私は、やがて女優「遠野なぎこ」になった。思春期を迎え、増える体重に悩む私に悪魔がささやく。「吐けばいいのよ」。悪魔は母の顔をしていた――。摂食障害に苦しみ、愛情を求めてさまよった壮絶な体験を綴る。圧倒的共感を呼んだ自伝的小説。

著者プロフィール

遠野なぎこ トオノ・ナギコ

1979(昭和54)年、東京都生れ。女優。1999(平成11)年、連続テレビ小説「すずらん」(NHK)でヒロイン・常盤萌役に起用され、実直な女性像を伸びやかに演じ評判となる。2001年、映画「日本の黒い夏―冤罪」で日本映画批評家協会新人賞を受賞。その後、映画・TV・舞台等で幅広く活躍。2013年、母親との確執を告白した自伝的小説『一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ』を出版。大きな話題を呼んだ。ほかの著書に『摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。』がある。

目次

序章

第一章 「ママね、あなたを産んでなければ、たぶん女優になっていたわ」
十代の妊娠――そして私が生まれた/情けない父でも、好きだった/私って、透明人間なの?/鏡が怖い。私は醜い女の子/子役でがんばれば、母が認めてくれる/あらがえない暴力に心身が凍った/運動会は、姉弟だけでお昼を食べた/大丈夫、私が家を守るから/両親の離婚後すぐに、新しい父親が……/母の命令で、義父とお風呂に/新しい命の誕生と、水商売を始めた母
第二章 「だって私は醜くて暗くて、愛される価値のない子どもだから」
ママね、ラブホにお泊まりしてくるわ/乗り込んできた“おとなの女”/母が見せてくれた写真には……/女優「遠野なぎこ」との出会い/上級生から呼び出された放課後/陰湿なイジメが始まった/「万引きを疑われた娘の母」を熱演/ママさぁ、赤ちゃんを堕ろしたのよ/アタシは馬鹿じゃないのよ
第三章 「吐いちゃえば、太らないのよ。ほら、やってごらん」
疲れた心に、悪魔がささやきかける/みるみるうちに落ちた体重/援助交際をする少女を演じる/母の二度目の離婚に、心が揺れた/ああ、睡眠薬飲んじゃったんだ/女優休業。唯一の生き甲斐を失った/髪を金色に……。遅れてきた反抗期/初めてのセックスは、酔った勢いで/アルバイトをして、ひとりで生きる/彼女との距離が、開いていく
第四章 「朝の連ドラのヒロイン、ほんとうに私なんですか?」
二年半ぶりの、事務所からの電話/顔を上げられなかったオーディション/合格を真っ先に知らせた人/一緒に祝杯をあげてくれた人/ヒロインとして感じた喜びと重圧/史上最悪の朝ドラヒロイン/「デートは三回まで」がルール/愛することに、自信が持てない/嫉妬を覚え、嫉妬を捨てる/映画撮影と、母の代わりのチーママ業
第五章 「私、いまから浮気してくるから」
恋多き女と呼ばれ、周囲が変わった/あれは愚かな女だね/愛の言葉にまみれていたい/恋の終わりはいつも残酷になる/母の代わりに、男たちを突き放す/恋をして、自分の“女”を取り戻す/女の舞台裏は見せたくない/男らしさ、女らしさのバランス/抱き合うときは、暗闇のなかで
第六章 「ママ、私、結婚したの」「あら、そう」
愛して欲しかった、もうひとりの人/無精髭を生やした父との再会/壁いっぱいに貼られたポスター/父の虚栄と失望/ルールが通じないボーイフレンド/結婚できない、したくない/婚姻届と一緒にもらった離婚届/お祝いぐらいあげなきゃね/騙し騙しの離婚劇
第七章 「幸せになってもいいですか、母を捨ててもいいですか」
母が死んでも、縛られる/子煩悩な弟を見ていると……/まだ過去になっていなかった/毎晩、母を殺す夢をみる/母がいない世界に行きたい/何度も書き直した、母への遺書/最期に会いたかった弟妹/光の差さないトンネルのなかで/母との関係をテレビで独白/同じ悩みを持つ人々が教えてくれた/生きていくために、自分を変える
終章
三年前のあなたへ

感想を送る

新刊お知らせメール

遠野なぎこ
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto