ホーム > 書籍詳細:ポスドク!

非常勤講師で月収10万。でも出世は諦めない! 笑って泣ける極上のエンタテインメント。

ポスドク!

高殿円/著

724円(税込)

本の仕様

発売日:2018/01/01

読み仮名 ポスドク
装幀 吉川景都/カバー装画、SAVA DESIGN/カバー装幀、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-121221-0
C-CODE 0193
整理番号 た-121-1
ジャンル 文芸作品
定価 724円
電子書籍 価格 799円
電子書籍 配信開始日 2018/06/15

瓶子貴宣(へいしたかのぶ)は、月収10万円の私大非常勤講師。博士号を持ち実力も抜群なのに、指導教官の不祥事で出世の道を閉ざされた。しかも姉が育児放棄した甥、誉(ほまれ)を養ってもいる。貧乏でも正規雇用を諦めない貴宣の前に、千載一遇のチャンスが。だが誉を引き取りに姉が現れ、家庭問題まで勃発――。奮闘するポスドクの未来はどうなる!? 痛快かつ心温まる、極上のエンタテインメント。『マル合の下僕』改題。

著者プロフィール

高殿円 タカドノ・マドカ

兵庫県生れ。2000(平成12)年に角川学園小説大賞奨励賞を受賞し、『マグダミリア 三つの星』でデビュー。エキナカ書店大賞受賞作『カミングアウト』をはじめ、『カーリー』『トッカン 特別国税徴収官』『剣と紅』『上流階級 富久丸百貨店外商部』『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』『主君 井伊の赤鬼・直政伝』『政略結婚』『ポスドク!』など著書多数。

書評

非常勤講師の実態を白日の下にさらすキャンパス小説

今野浩

 関西の名門女子大学の環境学部・総合文化学科という、文・理混合学科で非常勤講師を務める瓶子貴宣博士(史学科出身、二九歳)を主人公とするこの物語は、かねてオーバードクターというミゼラブルな人たちに同情してきた評者(元工学部教授)にとって、とても参考になる小説だった。
 常勤講師は年俸五百万円以上で、准教授、教授への道が開かれている。一方、非常勤講師は一年契約の臨時職員で、九〇分の講義一コマの報酬は月額一万二千円(月四回として時給二千円!)だから、九コマを担当しても、月収わずか十万八千円である。ボーナスも昇給もないし、報酬が支払われるのは学期中だけである。
 家賃三万五千円のアパートに住む主人公のところに転がり込んできたのが、姉の息子・誉である。瓶子講師は、誉少年にまともな生活をさせてやるべく、もう一コマ多く講義を担当したいと考えていたが、突然出現したライバルに、二コマを横取りされそうになる。
 評者の経験では、週一〇コマの講義を担当すれば、論文を書いている時間はない。ところが瓶子講師は、学食の一八〇円うどんをすすりながら、研究にも精を出すワーカホリック&ワーキング・プアである。
 大学というところは、“超”格差社会である。助教、准教授、教授というヒエラルキーの頂点に君臨するのが、この本のタイトルになっている“Dマル合”教授である。これは、博士論文の合否判定を行う資格を持つ教授のことで、この認定を受けるためには、博士号を持ち、毎年相当数の論文や著書を発表していることが条件になっている。
 理工系大学にはDマル合教授が大勢いるから、“おれはマル合だぞ”と威張ったらバカにされるだけである。しかし、博士号を持つ教授が少ない文系学部や文・理混合学部では、絶大な権威を持っているらしい。
 要領が悪く運も悪かったために、出身大学から放出された瓶子青年は、将来は常勤ポストに就くことを狙っている。その近道は、節を曲げて“マル合の下僕”になることである。はたして瓶子青年は、アカハラ、セクハラ、中傷誹謗、足の引っ張り合いなど、何でもありの大学で、常勤ポストにありつくことは出来るのでしょうか???
 評者が勤務していた理工系大学にも非常勤講師はいる。しかし彼らは定職がある人で、担当するのは高々週二コマだった。またアメリカの大学には、非常勤講師なる人種はほとんどいなかった。
 日本の大学には、なぜこれほど多くの非常勤講師がいるのか。その理由は、常勤スタッフがあまり働かないこと、非常勤講師の採用が常勤教授の利権に結びついていること、“教えなくてもいい科目”が多すぎること、そして国が博士の大量生産をプッシュしたことではなかろうか。
 変人奇人ばかりが登場する物語であるにもかかわらず、読後感が爽やかなのは、誉少年のおかげである。家事の切り盛りが上手で、学校の成績もいい。そして、要領と運が悪い叔父を激励し、自分を捨てた母親にも理解を示す、“出来がいい”小学生である。
 また名門出身の変態常勤講師、千万円単位の研究費を持つアカハラ・マル合教授、実力派の腰かけ女性助教などが、この物語に花を添えている。日本には数少ない、見事なキャンパス小説である。
 著者の高殿円氏は大学勤務の経験はないようだが、大学の内情に関する詳細かつ正確な記述に唸らされた。評者の視力が衰える前に、続編が出ることを期待している。


(こんの・ひろし 作家)
波 2014年11月号より
単行本刊行時掲載

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

高殿円
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

ポスドク!

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

ポスドク!

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!