ホーム > 書籍詳細:悠木まどかは神かもしれない

眞鍋かをりさん大推薦!「これを読んでまどかちゃんに恋しない男子は、どうかしてる!」日本文学史上最低の探偵登場! 胸キュン系バカミスの大傑作!

悠木まどかは神かもしれない

竹内雄紀/著

529円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2013/12/01

読み仮名 ユウキマドカハカミカモシレナイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-125641-2
C-CODE 0193
整理番号 た-107-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 529円

悠木和(まどか)には〈謎〉があった。小田桐、野田、望月が塾帰りに立ち寄るハンバーガーショップでの話題は、いつも彼女のこと。可愛いえくぼ、颯爽とした振る舞い、抜群の知性、あだ名付けの微妙なセンス、そして〈謎〉。「事件の匂いがする」──三人の前に史上最低の探偵が現れた! 新潮文庫編集部を騒然とさせた美少女と三バカトリオによる、青春前夜の胸キュンおバカミステリの大大大傑作。

著者プロフィール

竹内雄紀 タケウチ・ユウキ

東京都出身。慶應義塾大学文学部卒。海外在住。別名義でのノンフィクションの著書多数。「新潮文庫編集部では小説の持ち込みは受け付けない」という内規を打ち破って本作を持ち込み小説家デビュー。小説第二弾『オセロ●○』(角川春樹事務所・ハルキ文庫)は、2014年1月刊行予定。

目次

1 いきなりだけど「ラスボス」登場
2 集結! 〈百円チーズバーガーズ〉プラス数名
3 教室内で事件発生
4 黒縁探偵って誰だよ、もう!
5 正義の味方が登場しちゃった?
6 バーガー探偵のビッグヒント
7 そしてついにノーワンさんが……
8 勇気を出して悠木ジョシを誘った
9 やっぱり最終手段に出ることにした
10 当然ながら教室(みんな)騒然
11 そしてボクらの生活は変わった。いや、ボクらは変わった
解説 角田光代

感想を送る

新刊お知らせメール

竹内雄紀
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類