ホーム > 書籍詳細:青い目のヴァイオリニストとの結婚

夫はウィーン・フィルのコンサートマスター! その意外な日常、国際結婚の喜びと難しさ。

青い目のヴァイオリニストとの結婚

キュッヒル真知子/著

529円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/12/01

読み仮名 アオイメノヴァイオリニストトノケッコン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126461-5
C-CODE 0195
整理番号 き-42-1
ジャンル ノンフィクション、音楽
定価 529円

日本でも多くのファンを持つ、ウィーン・フィル第一コンサートマスターのライナー・キュッヒル。その夫人が綴る、今まで語られることのなかった世界最高のヴァイオリニストの生い立ちと日常生活、コンサートマスターという仕事。そして、ウィーンでの暮らし、国際結婚の喜びと難しさ、自己中心的な姑との苦悩の日々……。大反響のエッセイ、待望の文庫化。『青い目の夫』改題。

著者プロフィール

キュッヒル真知子 キュッヒル・マチコ

1953年、東京都生まれ。東邦音楽短期大学ピアノ科並びにウィーン大学人文学部修士課程卒業。1975年、ヴァイオリニストのライナー・キュッヒル(現在、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)と結婚。ウィーン在住。

目次

はじめに
第一章 姑
姑からの逃避――一九八六年/姑の性格
第二章 世界一のコンサートマスター
生い立ちと職業/夫の日常/私の役目/夫との生活/一芸に秀でる/マザコン/幸せすぎている夫/夫の性格/音楽ファン、チケット
第三章 私の暮らすオーストリア・ウィーン
地理/歴史、経済/観光と交流/オーストリア人/日常生活、衣食住、文化/音楽の歴史の深さ
第四章 オーストリアと日本人
階級、オーストリアに暮らす外国人/日本人としての誇り/良妻賢母とキャリアウーマン/私の目から見た今の日本
第五章 出会い
美しき五月
第六章 家庭の運営
家計/料理、食生活、使用人
第七章 私の生い立ち
家族/憂鬱状態/利子(としこ)
第八章 ビジネスの世界
日経でのアルバイト/ヘルマック有限会社/イヤリング/石灰石とドアノブ/人形/マッサージチェアー/翻訳/音楽マネージメント
あとがき
参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

キュッヒル真知子
登録する
音楽
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類