ホーム > 書籍詳細:なるほど! 赤ちゃん学―ここまでわかった赤ちゃんの不思議―

知れば育児がもっと楽しい。二千人の乳幼児と接した研究者が明かす、子どもの能力!

なるほど! 赤ちゃん学―ここまでわかった赤ちゃんの不思議―

玉川大学赤ちゃんラボ/著

562円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/01/01

読み仮名 ナルホドアカチャンガクココマデワカッタアカチャンノフシギ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126491-2
C-CODE 0195
整理番号 た-113-1
ジャンル 妊娠・出産・子育て
定価 562円
電子書籍 価格 626円
電子書籍 配信開始日 2015/06/26

赤ちゃんは、学習の天才! 「自分」と「他人」をいつから区別してる? 寝かしつけに効果的な歌い方とは? どうやって言葉を覚えるの? 赤ちゃんにできて、ロボットにはできないことって? 2000人の乳幼児と接した研究者たちが明かす、赤ちゃんの知られざる能力とは。子どもを知れば、育児・保育・教育がもっと楽しくなる! 進化しつづける、〈赤ちゃん学〉の世界へようこそ――。

著者プロフィール

玉川大学赤ちゃんラボ タマガワダイガクアカチャンラボ

2003(平成15)年、玉川大学脳科学研究所所属の研究機関として設立された。乳幼児のことばを中心とした発達の仕組みについて研究を行なっている。認知発達学、言語学、心理学、ロボット学など、さまざまな分野の研究者が在籍。0〜30ヶ月までの乳幼児らを対象に調査を行い、その成果を研究論文として発表するほか、玩具の開発などにも協力している。

目次

はじめに
第一章 「自分」を知る赤ちゃん
1 自分の身体についての認識のはじまり ~胎児期から新生児期
2 はじめての人との関わり・モノとの関わり ~二カ月革命前後
3 お母さん・お父さんを通じて世界を知る ~九カ月革命前後
4 まねっこ・まねっこ・まねっこ大好き 一歳ころ~
5 鏡に映った「自分」に気づく 一歳半ころ~
6 さっきの自分・いまの自分・これからの自分 ~四歳ころ
【コラム】玉川赤ちゃんラボとは?
第二章 赤ちゃんと音楽
1 音楽は育児の強い味方
2 赤ちゃんへの歌いかけと語りかけ
3 音楽が子どもの発達にもたらすもの
【コラム】赤ちゃんの音声の聞き取りや好みをテストする方法
第三章 相手にどう働きかける?――子どもの社会行動
1 いつから不公平さを感じるようになるの?
2 相手への思いやり行動はどう発達するの?
【コラム】赤ちゃん研究は大変だ I
第四章 赤ちゃんが見ているモノの世界
1 発達していくいろいろな知識
2 赤ちゃんを知る、ヒトを知る
3 まとめる、区別する―モノをカテゴリ化する能力
4 モノのルールを理解する
【コラム】赤ちゃん研究は大変だ II
第五章 赤ちゃんに学ぶロボット、赤ちゃんに教えるロボット
1 赤ちゃんに学ぶロボット
2 赤ちゃんに教えるロボット
【コラム】赤ちゃん研究は大変だ III
第六章 赤ちゃん学の今と未来
1 赤ちゃん研究という仕事
2 赤ちゃんはなぜ言葉を覚えられるのか?
文庫版あとがき
参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

玉川大学赤ちゃんラボ
登録する
妊娠・出産・子育て
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

なるほど! 赤ちゃん学―ここまでわかった赤ちゃんの不思議―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!