ホーム > 書籍詳細:命のまもりびと―秋田の自殺を半減させた男―

人生に絶望した人たちの心に灯をともす笑顔と言葉。「生きる支援」のルポルタージュ。

命のまもりびと―秋田の自殺を半減させた男―

中村智志/著

724円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/06/01

読み仮名 イノチノマモリビトアキタノジサツヲハンゲンサセタオトコ
装幀 中村智志/写真撮影、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130182-2
C-CODE 0195
整理番号 な-69-2
ジャンル ノンフィクション
定価 724円

事業の失敗を、なぜ社長が命で償わねばならないのか。心血注いだ会社の倒産と深刻なうつ病を乗り越えた佐藤久男は、NPO法人を立ち上げた。自殺率ワーストの地で、民・学・官の連携により自殺者数を半減させた活動は秋田モデルと呼ばれ全国に影響を与える。絶望し、駆け込んでくる人の心に笑顔と言葉で灯をともす男を描く「生きる支援」のルポルタージュ。『あなたを自殺させない』改題。

著者プロフィール

中村智志 ナカムラ・サトシ

1964(昭和39)年、東京都生まれ。上智大学文学部卒業後、朝日新聞社入社。「アサヒグラフ」「ASAHI パソコン」編集部、東京本社社会部、「週刊朝日」編集部、教育総合本部などを経て、2017(平成29)年4月より日本対がん協会勤務。1998年、『段ボールハウスで見る夢』で講談社ノンフィクション賞を受賞。他に、聞き書き『新宿ホームレスの歌』、東京・山谷のホスピス「きぼうのいえ」を描いた『大いなる看取り』がある。同書は、山田洋次監督「おとうと」の参考書籍となった。2014年、『あなたを自殺させない』(文庫化にあたり『命のまもりびと』と改題)が城山三郎賞にノミネートされた。

目次

プロローグ 皇居まで走ってごらん
第一章 針の穴ほどの光を
第二章 また来週会いましょう
第三章 終着駅は始発駅
第四章 暗夜を憂うること勿れ
第五章 ゆっくり、きっちり、じっくり
第六章 魔の活断層
第七章 灯台になる
第八章 被災地へ
第九章 花
第十章 絆館
エピローグ 命の伝道師
あとがき
文庫版あとがき
主な参考文献
解説 池内紀

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

中村智志
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

命のまもりびと―秋田の自殺を半減させた男―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto