ホーム > 書籍詳細:ハイデガー拾い読み

ハイデガーほど面白い哲学者はいない。

ハイデガー拾い読み

木田元/著

562円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2012/09/01

読み仮名 ハイデガーヒロイヨミ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-132082-3
C-CODE 0110
整理番号 き-33-2
ジャンル 哲学・思想
定価 562円

ハイデガーとは何者なのか? 名著『存在と時間』を残したドイツの哲学者であり、戦中にはナチスに加担した学者でもある。しかし彼の面白さ、不思議さはそこだけには止まらない。「人柄は嫌いだが、著作は好き」という著者が、無類の面白さを誇る「講義録」を繙きながら、思想家としての構想の雄大さや圧倒的に優れた西洋哲学史家としての魅力を浮かび上がらせる。画期的な哲学授業。

著者プロフィール

木田元 キダ・ゲン

1928(昭和3)年生れ。山形県出身。哲学者。東北大学文学部哲学科卒。中央大学名誉教授。マルティン・ハイデガー、エドムント・フッサール、モーリス・メルロ=ポンティなどの現代西洋哲学者の主要著作を分かりやすい日本語に翻訳したことで知られる。終戦直後、闇屋で暮らしを立てていたエピソードも有名。主な著書に、『現象学』『反哲学史』『現代の哲学』『ハイデガーの思想』『メルロ=ポンティの思想』『闇屋になりそこねた哲学者』『ピアノを弾くニーチェ』『哲学は人生の役に立つのか』などがある。

目次

第一回 ハイデガーの講義録の面白さ
第二回 〈実在性〉と〈現実性〉はどこがどう違うのか
第三回 「世界内存在」という概念の由来
第四回 ハイデガーの悪癖
第五回 古代存在論は制作的な存在論である
第六回 自然について
第七回 プラトンと哲学の発足
第八回 「世界内存在」再考
第九回 専門的常識の誤り
第十回 プラトンとアリストテレス、キルケゴールとニーチェ
あとがき
用語索引/人名索引
木田元はなぜ面白いか 三浦雅士

感想を送る

新刊お知らせメール

木田元
登録する
哲学・思想
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ハイデガー拾い読み

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto