ホーム > 書籍詳細:731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く―

新資料発見。石井隊長直筆ノートに隠されていた驚きの戦後史!

731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く―

青木冨貴子/著

810円(税込)

本の仕様

発売日:2008/02/01

読み仮名 ナナサンイチイシイシロウトサイキンセンブタイノヤミヲアバク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133751-7
C-CODE 0195
整理番号 あ-58-1
ジャンル 思想・社会、日本史
定価 810円

731部隊の闇は戦後も続いていた。太平洋戦争中に生体解剖やペスト菌による非人道的な実験を行った細菌戦部隊。残虐な行為に手を染めながら、なぜ彼らは戦犯とならずに済んだのか。そこには隊長・石井四郎とGHQの驚くべき駆け引きがあった。戦後50余年を経て発見された石井の直筆ノート2冊から隠された真実を読み解く。国内外の圧倒的な取材から浮上した新しい戦後史。

著者プロフィール

青木冨貴子 アオキ・フキコ

1948(昭和23)年、東京生まれ。作家、ジャーナリスト。1984年に渡米し、「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を3年間務める。1987年、作家のピート・ハミル氏と結婚。著書に『ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日』『FBIはなぜテロリストに敗北したのか』『731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』『占領史追跡―ニューズウィーク東京支局長パケナム記者の諜報日記』など多数。

目次

プロローグ 深い闇
第一部 加茂から満州へ
第一章 加茂
第二章 東郷部隊
第三章 平房の少年隊
第四章 ハルビンへの旅
第二部 終戦そしてGHQ
第五章 「1945終戰当時メモ」
第六章 占領軍の進駐とサンダース中佐
第七章 トンプソン中佐の石井尋問
第八章 「ハットリ・ハウス」の検察官たち
第三部 石井四郎ノートの解読
第九章 「終戰メモ1946」
第十章 鎌倉会議
第十一章 若松町
エピローグ 軍医たちのその後
あとがき
著者ノート
主要参考文献一覧
解説 佐藤優

感想を送る

新刊お知らせメール

青木冨貴子
登録する
思想・社会
登録する
日本史
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto