ホーム > 書籍詳細:還れぬ家

認知症の父、母との確執。姉も兄も寄りつかぬ家で、作家は妻と共に懸命に命を紡ぎ出す。

  • 受賞第55回 毎日芸術賞

還れぬ家

佐伯一麦/著

853円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/11/01

読み仮名 カエレヌイエ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134216-0
C-CODE 0193
整理番号 さ-28-6
ジャンル 文芸作品
定価 853円
電子書籍 価格 940円
電子書籍 配信開始日 2016/04/22

十代で捨てた家だった。姉も兄も寄りつかない家だった。老父は心臓病を患い、認知症が進む。老母は介護に疲弊していた。作家は妻とともに親を支えることになった。総合病院への入院も介護施設への入所も拒む父、世間体と因襲に縛られる母。父の死後、押し寄せた未曾有の震災。――作家は紡ぐ、ただ誠実に命の輪郭を紡ぎ出す。佐伯文学の結実を示す感動の傑作長編。毎日芸術賞受賞。

著者プロフィール

佐伯一麦 サエキ・カズミ

1959(昭和34)年、宮城県仙台市生れ。仙台第一高校卒。雑誌記者、電気工など様々な職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。1990(平成2)年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、1991年『ア・ルース・ボーイ』で三島賞、1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛賞、2007年『ノルゲ Norge』で野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞を、それぞれ受賞。他に『雛の棲家』『一輪』『木の一族』『石の肺』『ピロティ』『誰かがそれを』『麦主義者の小説論』『空にみずうみ』『光の闇』など著書多数。

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

佐伯一麦
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

還れぬ家

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

還れぬ家

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!