ホーム > 書籍詳細:日無坂

縄田一男氏激賞。「本書は安住さんが満を持して放った宝石のごとき一巻である。」

日無坂

安住洋子/著

432円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2010/12/01

読み仮名 ヒナシザカ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134234-4
C-CODE 0193
整理番号 あ-66-1
ジャンル 歴史・時代小説
定価 432円

老舗の薬種問屋・鳳仙堂の倅、伊佐次は素行の悪さから、父・利兵衛に勘当され、今は浅草寺裏の賭場を仕切っている。互いに別の道を歩む父子であったが、ある日突然、父の死の知らせが届く。伊佐次は前日に、偶然すれ違ったことを思い出し、目を背けてきた己の人生を見つめなおそうと決意する。静謐な筆致で、市井に生きる人々の心の機微を捉えた、哀歓入り交じる長編時代小説。

著者プロフィール

安住洋子 アズミ・ヨウコ

1958(昭和33)年、兵庫県尼崎市生れ。1999(平成11)年、「しずり雪」で長塚節文学賞短編小説部門大賞を受賞。2004年、中短編集『しずり雪』でデビュー。著書に『夜半の綺羅星』『日無坂』『いさご波』『春告げ坂―小石川診療記―』がある。

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

安住洋子
登録する
歴史・時代小説
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類