ホーム > 書籍詳細:広辞苑の中の掘り出し日本語

約24万語を収録する日本一有名な辞書から厳選、169の思わず使ってみたくなる言葉!

広辞苑の中の掘り出し日本語

永江朗/著

497円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/02/01

読み仮名 コウジエンノナカノホリダシニホンゴ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134572-7
C-CODE 0181
整理番号 な-62-2
ジャンル エッセー・随筆、言語学、国語辞典
定価 497円

実に、厚さ約10センチ、重さ1.9キロ! 日本一有名な辞書「広辞苑」を「あ」から順に読んでみた著者。すると、驚くほどの数の見知らぬ言葉、意味を誤解していた言葉に出くわした。「甲斐性」は経済力のことではなかった?! あ、自分のことだ! とはっとした「籠耳」。真逆の意味だと思っていた「押っとり刀」。「金玉の声」ってどんな声? 思わず使ってみたくなるオモシロ言葉満載!

著者プロフィール

永江朗 ナガエ・アキラ

1958(昭和33)年、北海道生れ。フリーライター。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系洋書店勤務の後、『宝島』『別冊宝島』の編集に携わる。1993(平成5)年頃よりライター業に専念。「哲学からアダルトビデオまで」を標榜し、コラム、書評、インタビューなど幅広い分野で活躍中。著書に『そうだ、京都に住もう。』『「本が売れない」というけれど』『茶室がほしい。』『いい家は「細部」で決まる』(共著)などがある。

目次

本は引くもの、辞書は読むもの
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や・ら・わ行
あとがき
文庫版あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

永江朗
登録する
エッセー・随筆
登録する
言語学
登録する
国語辞典
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類