ホーム > 書籍詳細:青春ピカソ

日本を代表する天才VS.二十世紀の巨匠。タロー、ピカソに迫る!

青春ピカソ

岡本太郎/著

464円(税込)

本の仕様

発売日:2000/07/01

読み仮名 セイシュンピカソ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134621-2
C-CODE 0195
整理番号 お-51-1
ジャンル ノンフィクション、絵画、芸術一般、画家・写真家・建築家
定価 464円

二十世紀の巨匠・ピカソに、日本を代表する天才・岡本太郎が挑む! フランス留学時におけるピカソ絵画との衝撃的な出会いを冒頭に、スペイン時代から青の時代、キュービスム、そして「ゲルニカ」に到る、作品的変遷を辿りながら、その芸術の本質に迫る。さらに南仏ヴァロリスのアトリエを訪ね、ピカソ本人と創作について語り合う。熱い愛を込めてピカソを超える、戦う芸術論。

著者プロフィール

岡本太郎 オカモト・タロウ

(1911-1996)1911(明治44)年、東京生れ。岡本一平とかの子の長男。東京美術学校に入学、父母の渡欧に同行し、1930(昭和5)年からパリに住む。数々の芸術運動に参加しつつ、パリ大で哲学・社会学・民族学を専攻、バタイユらと親交を深める。帰国し兵役・復員後、創作活動を再開、現代芸術の旗手として次々と話題作を発表した。1970年の大阪万博テーマ館もプロデュース。一方、旺盛な文筆活動も続けた。

つなぐ本×本 つながる読書<広がる世界

つなぐ : 004

ゲルニカ
ピカソ

ピカソの〈ゲルニカ〉に秘められた謎。

● 絵画ミステリー『楽園のカンヴァス』でルソー〈夢〉を描いた原田マハが、次にモチーフに選び挑んだのはピカソ〈ゲルニカ〉
● パリ万国博覧会で〈ゲルニカ〉に衝撃を受けた岡本太郎が、ピカソに迫る『青春ピカソ』

感想を送る

新刊お知らせメール

岡本太郎
登録する
絵画
登録する
芸術一般
登録する
画家・写真家・建築家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

青春ピカソ

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto