ホーム > 書籍詳細:村上海賊の娘(一)

信長vs.本願寺、睨み合いが続く難波海に敢然と向かう女。史実に基づく、壮大な歴史巨編!

  • 受賞第11回 本屋大賞
  • 受賞第35回 吉川英治文学新人賞

村上海賊の娘(一)

和田竜/著

637円(税込)

本の仕様

発売日:2016/07/01

読み仮名 ムラカミカイゾクノムスメ01
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134978-7
C-CODE C0193
整理番号 わ-10-2
ジャンル 歴史・時代小説
定価 637円
電子書籍 価格 702円
電子書籍 配信開始日 2016/12/16

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上 武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景(きょう)だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦(かんぷ)で醜女。この姫が合戦 前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞! 木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

著者プロフィール

和田竜 ワダ・リョウ

1969(昭和44)年12月、大阪府生れ。早稲田大学政治経済学部卒。2003(平成15)年、映画脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。2007年、同作を小説化した『のぼうの城』でデビュー。同作は直木賞候補となり、映画化され、2012年公開。2014年、『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞および本屋大賞を受賞。他の著作に『忍びの国』『小太郎の左腕』がある。

目次

序章
第一章
第二章

イベント/書店情報

関連書籍

判型違い(書籍)

関連コンテンツ

つなぐ本×本 つながる読書<広がる世界

村上海賊と戦国史――歴史研究と歴史小説

○『瀬戸内の海賊―村上武吉の戦い』の著者山内譲は海賊研究の第一人者。
○『村上海賊の娘』の主人公・景は『瀬戸内の海賊』がなければ生まれなかった。
○『瀬戸内の海賊』巻末の「海賊対談」で山内譲・和田竜は、歴史研究と歴史小説が相互に影響すると語る。

[動画]TVCF 30秒

感想を送る

新刊お知らせメール

和田竜
登録する
歴史・時代小説
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

村上海賊の娘(一)

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

村上海賊の娘(一)

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!