ホーム > 書籍詳細:消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

まさに鬼畜の所業! 監禁虐待による恐怖支配で、家族同士に殺し合いをさせた殺人鬼。

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

豊田正義/著

637円(税込)

本の仕様

発売日:2009/02/01

読み仮名 ケサレタイッカキタキュウシュウレンゾクカンキンサツジンジケン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136851-1
C-CODE 0195
整理番号 と-19-1
ジャンル 社会学、事件・犯罪
定価 637円
電子書籍 価格 659円
電子書籍 配信開始日 2013/08/16

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた──。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。

著者プロフィール

豊田正義 トヨダ・マサヨシ

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、フリーのノンフィクションライターとなる。犯罪事件から家族の問題まで取材対象は幅広く、人物評伝も手がけている。著書に『オーラの素顔 美輪明宏のいきかた』『DV―殴らずにはいられない男たち』『家庭という病巣』『壊れかけていた私から壊れそうなあなたへ』などがある。

目次

まえがき
第一章 十七歳の少女
第二章 松永太と緒方純子
第三章 一人目
第四章 緒方一家
第五章 二人、三人、四人目
第六章 五人、六人、七人目
第七章 松永太の話
第八章 消される二人
あとがき
控訴審判決と緒方純子からの手紙
解説 岩波明

感想を送る

新刊お知らせメール

豊田正義
登録する
社会学
登録する
事件・犯罪
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!