ホーム > 書籍詳細:モーツァルト―カラー版作曲家の生涯―

モーツァルト―カラー版作曲家の生涯―

田辺秀樹/著

637円(税込)

本の仕様

発売日:1984/10/25

読み仮名 モーツァルトカラーバンサッキョクカノショウガイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-137401-7
C-CODE 0173
整理番号 ん-60-1
ジャンル 音楽理論・音楽論、音楽
定価 637円

ひとたびモーツァルトの音楽の美しさにとりつかれると、二度とその魅力からのがれることはできない。限りないやさしさと慰めに満ちたモーツァルトの音楽こそは、神が人間に与えた贈り物である。――多数の貴重な写真を駆使して、稀有の天才35年の生涯をたどったオリジナル・カラー文庫。年譜、作品表、および第一線の音楽家によるモーツァルトへのオマージュ12編を付す。

著者プロフィール

田辺秀樹 タナベ・ヒデキ

1948(昭和23)年、東京生れ。東京大学大学院ドイツ文学専攻科修了。現在一橋大学大学院言語社会研究科教授として音楽文化論、ドイツ語等を担当する一方、音楽評論、放送番組解説でも活躍。日本リヒャルト・シュトラウス協会事務局長。著書に『モーツァルト 16の扉』、『ウィーン世紀末の文化』(共著)、訳書に『グルダの真実』、『リヒャルト・シュトラウスのオペラ』(共訳)など。

目次

第一章 遊び心の街
第二章 神童がやってくる
第三章 オペラの国イタリアへ
第四章 宮仕えの青年作曲家
第五章 若者はさすらいの旅に出る
第六章 故郷との訣別
第七章 輝けるウィーンの日々
第八章 奔出する創作力
第九章 プラハからの招待
第十章 重みが浮かび、軽みが沈む
第十一章 失意と窮迫の中から
第十二章 燃え尽きる一年
第十三章 モーツァルトは生きている
モーツァルトに思う 野田暉行
愛とほほえみの音楽 深沢亮子
オーケストラの中から 徳永二男
夢の中のモーツァルト 池辺晋一郎
芳香を放つ名作群 山本邦山
谷間のモーツァルト 向坂正久
『モ語録』のすすめ 林光
無類のフィナーレ 高橋英郎
モーツァルトをひくとき 三宅榛名
年輪の試金石 辻久子
パパゲーノ独白 畑中良輔
モーツァルト終焉 海老沢敏

年譜(海老沢敏)
作品表(田辺秀樹)

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

田辺秀樹
登録する
音楽理論・音楽論
登録する
音楽
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

モーツァルト―カラー版作曲家の生涯―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto