ホーム > 書籍詳細:京都丸竹夷殺人物語―民俗学者 竹之内春彦の事件簿―

好評シリーズ文庫初登場!

京都丸竹夷殺人物語―民俗学者 竹之内春彦の事件簿―

秋月達郎/著

680円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2012/08/01

読み仮名 キョウトマルタケエビスサツジンモノガタリミンゾクガクシャタケノウチハルヒコノジケンボ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-138941-7
C-CODE 0193
整理番号 あ-72-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 680円

胸に包丁が刺さったまま捨てられていた雛人形、胸に包丁の刺さった黒留袖の老婦人の遺体、雛人形製作会社の女性事務員の轢き逃げ事件……。京都に古くから伝わる、通りの名を教える数え唄「丸竹夷」の歌詞にそって次々と起こる異様な出来事。京都文化大学民俗学部教授・竹之内春彦が、ミニコミ誌の記者・辻本千里とともに京都の町を震撼させる怪事件に挑む、フォークロアミステリー。

著者プロフィール

秋月達郎 アキヅキ・タツロウ

1959(昭和34)年愛知県生れ。主に歴史に題材を取った作品を発表している。主な著書に『真田幸村の生涯』『天国の門』『信長の首』『螢の城』『マルタの碑』『奇蹟の村の奇蹟の響き』『水晶島綺譚』等の歴史物のほか、時代小説「京奉行長谷川平蔵」シリーズや、民俗学者竹之内春彦を探偵役にした推理シリーズ等がある。

目次

 序章
第一章 雛と包丁
第二章 絹代の生涯
第三章 死に支度
第四章 雪駄ちゃらちゃら
第五章 寺御幸
 間章
第六章 とどめさす
第七章 幻の辻
第八章 わらべ唄民俗考
第九章 珠数屋町の女
第十章 東寺通
解説 長江俊和

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

秋月達郎
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類