ホーム > 書籍詳細:未解決―封印された五つの捜査報告―

「住友銀行名古屋支店長射殺事件」「八王子スーパー強盗殺人事件」「ライブドア『懐刀』怪死事件」……。闇でほくそ笑んでいるのは誰か。文庫オリジナル。

未解決―封印された五つの捜査報告―

一橋文哉/著

680円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2011/11/01

読み仮名 ミカイケツフウインサレタイツツノソウサホウコク
シリーズ名 新潮文庫
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-142627-3
C-CODE 0195
整理番号 い-50-7
ジャンル 社会学、事件・犯罪
定価 680円

犯人逮捕が何度もささやかれながら、いつまでも終結しない事件がある。一方で、犯人が逮捕されていながら、その背景が全く明らかにされない事件がある。それはなぜなのか。迷宮入りする「住友銀行名古屋支店長射殺事件」「ライブドア『懐刀』怪死事件」、そして、すべてが心の闇に隠された「酒鬼薔薇事件」など、解決されざる大事件の深層に圧倒的取材で斬り込んだ犯罪ノンフィクション集。

著者プロフィール

一橋文哉 イチハシ・フミヤ

1995(平成7)年、月刊誌「新潮45」での連載「ドキュメント『かい人21面相』の正体」(雑誌ジャーナリズム賞受賞)でデビュー。1996年にグリコ・森永事件の真相を追った『闇に消えた怪人』を出版後、宮崎勤、オウム真理教、三億円強奪事件などをテーマにしたノンフィクション作品を次々と発表している。

目次

まえがき
住友銀行名古屋支店長射殺事件
 連続金融テロを企む闇の連鎖
凄腕/指令/予告/戦慄
八王子スーパー強盗殺人事件
 「女」と「組織」を操った黒幕の誤算
惨劇/工作
豊田商事会長惨殺事件
 奪われた極秘マニュアルの行方
主犯/利権/遺産/白道/伝説/秘伝
ライブドア「懐刀」怪死事件
 稀代の錬金術師を葬った香港人脈と黒い利権
切腹/暗殺
神戸連続児童殺傷事件
 酒鬼薔薇の終わりなきゲーム
寛解/作品/墓穴/快感/虐待/実験/分身/幻想
国境なき犯罪時代――あとがきに代えて

感想を送る

新刊お知らせメール

一橋文哉
登録する
社会学
登録する
事件・犯罪
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

未解決―封印された五つの捜査報告―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto