ホーム > 書籍詳細:玉虫と十一の掌篇小説

恋のさなかでも男と女はこんなにも遠い。短篇よりもみじかい「掌篇小説」の微妙なあわい。

玉虫と十一の掌篇小説

小池真理子/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2009/05/01

読み仮名 タマムシトジュウイチノショウヘンショウセツ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-144024-8
C-CODE 0193
整理番号 こ-25-13
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 529円
電子書籍 価格 529円
電子書籍 配信開始日 2016/12/09

男はもうここに戻ってくることはないだろうと女は思った――。三年間、食事をともにした男との永遠の別離を描く「食卓」他、恋によって炙り出される男と女の孤独が、かなしさとせつなさを孕んでゆらめく十一篇。短篇よりも短い「掌篇小説」には、小さく切り取られているがゆえの微妙な宇宙が息づき、無限の時間へと読む者を誘う。長篇よりもいっそう濃密な闇と静謐な光を湛えた作品集。

著者プロフィール

小池真理子 コイケ・マリコ

1952(昭和27)年、東京生れ。成蹊大学文学部卒業。1996(平成8)年『恋』で直木賞、1998年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、『無花果の森』で2011年度芸術選奨文部科学大臣賞、2013年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞した。代表的な長編作品に『狂王の庭』『虚無のオペラ』『瑠璃の海』『望みは何と訊かれたら』『ストロベリー・フィールズ』がある一方、短編の名手としても知られ、『水無月の墓』『夜の寝覚め』『雪ひらく』『玉虫と十一の掌篇小説』『Kiss』といった短編集も多数発表している。また、エッセイ集に『闇夜の国から二人で舟を出す』などがある。

目次

食卓
千年烈日
一炊の夢

いのち滴る
死に水
妖かし
飼育箱
一角獣
玉虫
さびしい
短いあとがきにかえて
解説 野崎歓

感想を送る

新刊お知らせメール

小池真理子
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

玉虫と十一の掌篇小説

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!