ホーム > 書籍詳細:フラニーとズーイ

いきなり文庫で《新訳》〈投げ込み特別エッセイ〉付。◆村上春樹『こんなに面白い話だったんだ!』

フラニーとズーイ

J・D・サリンジャー/著、村上春樹/訳

680円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/03/01

読み仮名 フラニートズーイ
シリーズ名 Star Classics 名作新訳コレクション
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-205704-9
C-CODE 0197
整理番号 サ-5-2
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 680円

名門の大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな宗教書に魂の救済を求めるフラニー。ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言葉で自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。ナイーヴで優しい魂を持ったサリンジャー文学の傑作。──村上春樹による新訳!

著者プロフィール

J・D・サリンジャー Salinger,J.D.

ニューヨーク市生れ。1940年に短編「若者たち」、1950年「エズメに──愛と汚れをこめて」(O・ヘンリー賞)を発表。1951年『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を刊行し、一躍脚光を浴びる。1953年『ナイン・ストーリーズ』刊行の後、ニューハンプシャー州コーニッシュに隠遁した。1955年ニューヨーカー誌に「フラニー」を、1957年に「ズーイ」を発表。1961年に単行本『フラニーとズーイ』を刊行した。1963年『大工よ、屋根の梁を高く上げよ シーモア─序章─』を刊行したが、1965年6月、ニューヨーカー誌に「ハプワース16、1924」を発表以後、沈黙を守り続けた。

村上春樹 ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、 2016年アンデルセン文学賞を受賞。

書評

末っ子が「答え」を必要とするとき

柴田元幸

 1951年、サリンジャーは長篇『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を刊行した。
 1953年には短篇集『ナイン・ストーリーズ』を、1961年には中篇集『フラニーとズーイ』を刊行した。
『ナイン・ストーリーズ』に収録された短篇の大半は、実は『キャッチャー』以前に雑誌掲載されているのだが、こうして出版順に並べてみるのは、ある点を考える上で都合がいい。すなわち、サリンジャーにおける、少女/若い女性の「成長」を考える上で。
『キャッチャー』では、10歳の無垢な妹フィービーが、インチキだらけの大人の世界に入っていこうとしている10代なかばの兄ホールデンを、(少なくともつかのま)癒す。
『ナイン・ストーリーズ』のなかの、「バナナフィッシュ日和」と並んでもっとも有名な短篇「エズメに――愛と悲惨をこめて」では、いい感じに自意識過剰な「13歳くらいの」少女エズメが、二十代なかばの駆け出し作家が戦争で被った心の傷を、(少なくともつかのま)癒す。
 つまり、ここまでは、年少の女の子に男が慰められるという構図。が、『フラニーとズーイ』ではそうは行かない。
 今回、誰より慰めを必要としているのは、女の子の方である。成長して、もうホールデンの年齢も越えてしまった女子大生フラニーである。そしてこの元フィービーたるフラニーは、乱暴にいえば、ホールデンと同じ問題を抱えている。ひとの行動に、そして自分の行動にも、虚栄心の臭いを、あまりに敏感に嗅ぎとってしまうこと。エゴという言葉で作中言いあらわされるそうした人間の性癖に、ホールデン同様フラニーは我慢できない。エゴを持たない境地に彼女は憧れる。
 ホールデンはそうした境地を、妹のフィービーに――そして死んだ弟アリーに――見出せたわけだが、その妹が大きくなった人物フラニーには、もはやそういう「逃げ」は許されない。作品なかば、サリンジャーは、「7つか8つくらい」の女の子とその飼い犬のダックスフントがかくれんぼをしていて、「再会」を遂げた彼らのこの上なく幸福そうな姿を挿入している――あたかも、そうした無垢な日々に戻るのはもう不可能だと思い知らせるかのように(もっとも、苦悩するフラニーに、「年寄りの臭いでぶ猫」のブルームバーグをなつかせているあたり、図式的にはやや不徹底な観があるのだが、たぶん随所でそうやって感傷的だったりユーモラスだったりする不徹底さが、小説をより豊かにしているのだろう)。
 代わりにフラニーがすがるのは、『巡礼の道』と題された、素朴な一農民による探求と伝道の旅を綴った19世紀ロシアの宗教書である(これは実在する書物で、邦訳題は『無名の順礼者 あるロシア人順礼者の手記』)。だが、『巡礼の道』で提示されている、「イエスの祈りをひたすら口にすればよい」といった「答え」は、フラニーにとって有効ではありえない。『巡礼の道』の語り手は、神への素朴な信仰をはじめから揺るぎなく抱えている。過剰な自意識を抱え込んだフラニーが、そのまま見習えるはずもない。
 そもそも、複数の作品にまたがってサリンジャーが書いたグラス家7人きょうだいのサーガは、叡智と呼びうるものをたぶん誰よりも持っていた長兄シーモアが自殺する物語からはじまる(「バナナフィッシュ日和」)。ならば親はどうかといえば、父は娘が苦しむのを見ても「フラニーは蜜柑を食べたいんじゃないかな」くらいしか思いつかず(個人的には、それはそれで「いい人だなあ」と思うが)、母も小説上の存在としては実に生き生きしているけれど、やはり「答え」を持っているわけではない。要するに、長兄を欠いたグラスきょうだいは、「答えを持ってる奴にさっさと置き去りにされた」人たちであり、その意味では現代人全員の代表なのだ。
 フラニーとズーイは、きょうだいのなかでも末の2人であり、いわば答えからもっとも遠いところにいる。この小説ではその2人が、懸命に答えを探して苦悶している。最終的には、ズーイがかりそめの答えをフラニーに提示するわけだが、その答え自体の実際的な有効性を問うのは――要するに、これで本当にフラニーとズーイは救われるかと問うのは――あまり得策ではあるまい。「有効だ」という立場に立てばある種の「サリンジャー教」に陥る危険があるし、「有効でない」ことを重く見て小説自体の有効性まで疑ってかかると、答えを求めることの切実さも見失われてしまう。見事な訳文によって再現された活きいきした語りを通して、探求の切迫感を作品全体から体感する――まずはそれが、この小説への「正しい」入り方のように思える。

(しばた・もとゆき 翻訳家)
波 2014年3月号より

目次

フラニー Franny
ズーイ Zooey

関連コンテンツ

感想を送る

新刊お知らせメール

J・D・サリンジャー
登録する
村上春樹
登録する
文芸作品
登録する
評論・文学研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

フラニーとズーイ

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto