サイショノニンゲン
最初の人間


カミュ 大久保敏彦


《2013年》カミュ生誕100年記念刊行。ノーベル賞作家の自伝的遺作。映画化。

戦後最年少でノーベル文学賞を受賞したカミュは1960年、突然の交通事故により46歳で世を去った。友人の運転していた車が引き起こした不可解な事故の現場には愛用の革鞄が残されていた。中からは筆跡も生々しい大学ノート。そこに記されていたのは50年代半ばから構想され、ついに未完に終わった自伝的小説だった──。綿密な原稿の精査によって甦った天才の遺作。補遺、注を付す。

発行形態 : 新潮文庫
判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-211411-7
C-CODE : 0197
整理番号 : カ-2-11
ジャンル : 外国の小説
外国の小説
発売日 : 2012/11/01

立ち読み
立ち読み

映画化
「最初の人間」
2012年12月公開



680円(定価) 購入


プロフィール 目次 感想を送る

カミュ
Camus,Albert

(1913-1960)アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。



大久保敏彦 
編者の注

第一部 父親の探索
二輪馬車の上で……
サン=ブリウー
3 サン=ブリウーとマラン(J・G)
4 子供の遊び
5 父親・その死 戦争・テロ
6 家族
エティエンヌ
6乙 小学校
7 モンドヴィ――植民地化と父親
第二部 息子あるいは最初の人間
1 リセ
鶏小屋と鶏の首切り
木曜日とヴァカンス
2 自己にたいする不可解さ
補遺
ノートI
ノートII
ノートIII
ノートIV
ノートV
最初の人間(覚書と筋書)
二通の手紙
原注
補遺の注
訳者あとがき

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

カミュ 登録


外国の小説 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る