ホーム > 書籍詳細:裁きの鐘は〔上〕―クリフトン年代記 第3部―

「クリフトン」シリーズ第3部。突然の死に友情と兄妹愛が決裂!

裁きの鐘は〔上〕―クリフトン年代記 第3部―

ジェフリー・アーチャー/著、戸田裕之/訳

767円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/04/01

読み仮名 サバキノカネハ1クリフトンネンダイキダイサンブ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-216137-1
C-CODE 0197
整理番号 ア-5-37
ジャンル 文芸作品、ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、評論・文学研究
定価 767円

バリントン家の正統な後継者はハリーかジャイルズか、国中を巻き込んだ大論争がようやく決着。それぞれが新しい生活を手にした矢先、突然の病魔が大切な命を奪い、また新たな難題が持ち上がる。喪失の哀しみのなかで、ハリーとエマが敵対した次なる相手はなんと、ジャイルズだった――。裏切られた友情と兄妹愛は取り返せるのか? 予想外が連鎖する「クリフトン」シリーズ第3部。

著者プロフィール

ジェフリー・アーチャー Archer,Jeffrey

1940年英国生れ。1966年に大ロンドン市議会議員として政界デビュー、1969年には最年少国会議員として下院入りを果した。一代貴族(ロード)。自らの体験をもとにした『百万ドルをとり返せ!』や『ケインとアベル』『ゴッホは欺く』などの著書はすべてベストセラー。

Official Web site for Jeffrey Archer (外部リンク)

戸田裕之 トダ・ヒロユキ

1954年島根県生れ。早稲田大学卒業後、編集者を経て翻訳家に。訳書に、フリーマントル『顔をなくした男』、フォレット『巨人たちの落日』『凍てつく世界』『永遠の始まり』、ミード『雪の狼』、ネスボ『ザ・サン』、アーチャー『15のわけあり小説』『遥かなる未踏峰』など。

インタビュー/対談/エッセイ

波 2014年4月号より ジェフリー・アーチャーと「クリフトン年代記」

戸田裕之

「クリフトン年代記」の第三部、『裁きの鐘は』が刊行されました。第一部『時のみぞ知る』では、父親を早くなくして港をうろついていたハリー少年が思いがけない才能を見出されて上の学校へ進み、オックスフォード大学への入学を認められたとたんに第二次世界大戦が勃発、ハリーは大学を諦めて海軍へ入隊しようと、訓練のため貨物船に乗り込むが、Uボートに沈められてしまいます。第二部『死もまた我等なり』では、九死に一生を得てアメリカへ上陸したハリーが殺人犯として逮捕されて六年の実刑を言い渡され、イギリスではハリーが水死したと知らされたエマが事実を確認しようとアメリカへ渡って奮闘します。そして、この第三部『裁きの鐘は』では、ジャイルズの女性問題、ハリーとエマの充実、二人の息子のセバスティアンの冒険と活躍、わけあって養女にしたジェシカの生活が描かれています。
ここまでいずれも波乱に富んだこの年代記は、当初三巻で完結するはずのものが五巻に伸び、さらに七巻に伸びたという経緯があって、それについて著者のアーチャーは、“もともとはハリー・クリフトンとエマ・バリントンの人生を描くつもりであり、マーガレット・サッチャーが登場するあたりでの完結を考えていたのだが、五作目でハリーを死なせるわけにはいかなくなり、さらに三十年生きてもらわなくてはならなくなった”と二〇一三年七月十二日の「ブックセラー」のインタヴューで言っています。どうして死なせるわけにいかなくなったのか、さらに三十年生きてもらわなくてはならなくなったのかはアーチャーにしかわかりませんが、彼のことですから、腕によりを幾重にもかけて読者を驚かせてくれるのは、長年の読者として、また彼の作品を翻訳している者として、疑いの余地はありません。
また、“新作の刊行前は、果たして読者がついてくれるかどうか、いつだって神経質にならずにはいられない。このクリフトン年代記にしても、(幸いにして三作目までは好調だが)第四作が不調なら、それ以降の作品の心配をしなくてはならない”とも語っています。四十代後半に“いままで書くテーマに困ったことは一度もない……長編を五本、戯曲を三本、短篇を四十本、いますぐにも書くことができる……五分もらえれば、また新しいストーリイをあなたに話してあげられる”と豪語した人物と同一の人の言葉とは思えませんが、さすがのアーチャーも、七部作となるとプレッシャーを感じているのかもしれません。
「クリフトン年代記」が完結したあとの予定は決まっていないようですが、一冊、とても大きな物語を暖めているそうです。

アーチャーの作品は読者に予想のつかない展開をするのが常ですが、それはこの年代記でも変わることがなく、翻訳者としてはそこが楽しみでもあり、辛いところでもあります。物語がある方向へ流れているとき、一見脈絡のなさそうなエピソードが挿入され、何だろうと訝りながら読んでいくと、あるところで、そういうことだったのかと膝を打つことがよくあります。アーチャー自身が、書き進めるうちに主人公がどういう動きをし、物語がどういう方向へ向かうか予測できなくなると言っているのだから仕方がないのかもしれませんが、翻訳者としてはそれまで何となく曖昧な気分で翻訳せざるを得ないというわけです。
また、実際に翻訳作業をしている段階で、一つの文章や言葉にもう一つの意味が言外に含まれていることに改めて気づかされる場合が往々にしてあり、やはり一筋縄ではいきません。それに、聖書やシェイクスピアや有名な詩人の引用などは日常茶飯事で驚きはしないのですが、先人の箴言や政治家の演説の一部がさりげなく援用されていて、油断していると(油断していなくても)見落とす恐れがあるのが困りものと言えば困りものでしょうか。

第四部の「Be Careful What You Wish For」も、この三月にイギリスで刊行されています。舞台を一九五七年から一九六四年にとった、過去の三作を凌ぐほどのサスペンスフルな波乱の物語です。期待を裏切ることはありません。

(とだ・ひろゆき 翻訳家)

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

ジェフリー・アーチャー
登録する
戸田裕之
登録する
文芸作品
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する
評論・文学研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

裁きの鐘は〔上〕―クリフトン年代記 第3部―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto