ホーム > 書籍詳細:ロックフェラー回顧録〔下〕

アメリカ屈指の銀行家にしてニューヨークの支配者。いかにして大国を動かしたのか。

ロックフェラー回顧録〔下〕

デイヴィッド・ロックフェラー/著 、楡井浩一/訳

810円(税込)

本の仕様

発売日:2014/12/01

読み仮名 ロックフェラーカイコロク2
シリーズ名 Science&History Collection
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-218632-9
C-CODE 0198
整理番号 シ-38-20
ジャンル 評論・文学研究、ノンフィクション
定価 810円

国際金融家として米中の国交樹立に多大な影響を与え、三極委員会を創設し、日米欧関係に大きく寄与したD・ロックフェラー。一方で芸術やその助成にも精魂を傾け、一家の拠点である都市ニューヨークへの投資や慈善活動を惜しまなかった。そして一人の父として、時に反発する子どもとの関係に苦悩しつつ、一族を継ぐ者たちに限りない愛情を注いだ。激動の生涯がいま明らかにされる。

著者プロフィール

デイヴィッド・ロックフェラー Rockefeller,David

1915年6月12日、ニューヨークで6人兄弟の末っ子として生まれる。祖父はスタンダード・オイル社を設立したジョン・D・ロックフェラー、父は慈善家として知られるジョンJr.。ハーヴァード大学を卒業後、同大大学院とロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び、シカゴ大学で経済学の博士号を取得。第2次世界大戦では陸軍大尉として従軍する。1946年にチェース・ナショナル(後のチェース・マンハッタン銀行)銀行に入行。1969~1981年まで同銀行の頭取兼最高経営責任者を務めた。現在にいたるまで数多くの国家元首や指導者と交流し国際問題に関与するとともに、近代美術館やニューヨーク市の復興、ロックフェラー大学など、さまざまな事業や慈善活動に携わっている。

楡井浩一 ニレイ・コウイチ

翻訳家。訳書に『文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの』(ジャレド・ダイアモンド、草思社)、『人類が知っていることすべての短い歴史』(ビル・ブライソン、NHK出版)、『価格戦争は暴走する』(エレン・ラペル・シェル、筑摩書房)、『美しき姫君 発見されたダ・ヴィンチの真作』(マーティン・ケンプ、パスカル・コット、草思社)、『まだ科学で解けない13の謎』(マイケル・ブルックス、草思社)など多数。

目次

第19章 中東の“バランス”を保つ使者
第20章 生き残るOPEC
第21章 仕事上の動乱
第22章 家庭内の悩み
第23章 兄弟間の対立
第24章 シャー
第25章 目標の履行
第26章 ニューヨーク、ニューヨーク
第27章 誇り高き国際主義者
第28章 国境の南
第29章 近代美術への情熱
第30章 帰ってきたロックフェラー・センター
第31章 パートナーシップ
結び
あとがき
謝辞
文庫版あとがき

関連書籍

判型違い

感想を送る

新刊お知らせメール

デイヴィッド・ロックフェラー
登録する
楡井浩一
登録する
評論・文学研究
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本