ホーム > 書籍詳細:イスラエル秘密外交―モサドを率いた男の告白―

暗殺さえためらわない世界最強のスパイ組織、その中枢にいた男が語る中東裏面史。

イスラエル秘密外交―モサドを率いた男の告白―

エフライム・ハレヴィ/著、河野純治/訳

853円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/08/01

読み仮名 イスラエルヒミツガイコウモサドヲヒキイタオトコノコクハク
シリーズ名 Science&History Collection
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-220066-7
C-CODE 0198
整理番号 シ-38-24
ジャンル 政治、外交・国際関係
定価 853円

ときに外務省に先んじて他国と交渉し、敵国要人の暗殺さえいとわぬ世界最強の諜報組織モサド。その中枢で28年間にわたりスパイ活動に従事し、長官にまで登りつめた著者による衝撃の回想録。中東の裏面史を知り尽くした冷徹な目で何を見たのか。中東戦争、湾岸戦争、イラク戦争をくぐり抜けてきた男が語るインテリジェンスとは。『モサド前長官の証言「暗闇に身をおいて」』改題。

著者プロフィール

エフライム・ハレヴィ Halevy,Efraim

1934年イギリス生れ。エルサレムのヘブライ大学で法学修士号を取得したのち、1961年にモサド入局。1995年イスラエルのEU駐在大使。1998年モサド長官に就任、以後4年半にわたりイスラエルの諜報・外交活動の最前線に立つ。2016年7月現在はヘブライ大学戦略政策研究センター所長。

河野純治 コウノ・ジュンジ

1962年生れ。明治大学卒業。主な訳書に『ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか』『ホーキング Inc.』『悪魔のデリバティブ』『アフガン侵攻 1979-89』『趙紫陽極秘回想録』『犯罪商社.com』『アルジャジーラ報道の戦争』などがある。

目次

文庫版序文 ハマスと海図にない海

序章 闇の外へ
ヨルダンとの歴史的和平へ/9・11の日、私の脳裏をよぎったのは……/第三次世界大戦の序章
第1章 イラン・イラク戦争の終結
パレスチナの未来をパレスチナ人自身の手に/核拡散と地域の不安定化/湾岸戦争勃発の背景
第2章 戦争への秒読み
一九九〇年、開戦前夜/イラクによるクウェート侵攻/フセイン国王との首脳会談/スカッド・ミサイル攻撃/湾岸戦争で払ったイスラエルの代償
第3章 湾岸戦争の足跡、その光と影
マドリード和平会議の不調/サウジアラビアの影響力/シャミル首相の秘密チャンネル/秘密チャンネルの変化/「歴史に名を残したい病」
第4章 中東紛争に対する国際的関心
ユーゴ空爆への異議/北朝鮮との接触/「持たざる国」イスラエルとヨルダン/アフリカ大陸におけるイスラエルの地位/ユダヤ民族の歴史と戦略的利益
第5章 プロフェッショナル・レベル 平和維持の第三の要素
時の権力者の思惑と戦略/国の平和に責任を負うプロフェッショナルの役割/信頼できる同盟国と気まぐれなパートナー
第6章 イスラエル・ヨルダン和平条約
フセイン国王の意志/アメリカの不満/フセイン、ラビン首脳会談の舞台裏/共同宣言文書の内容をめぐる駆け引き/まさに芸術品だった三首脳のスピーチ
第7章 和平条約締結までの三か月
ヨルダン側の不信と疑念/ペレスの思惑をつぶせ!/トイレで歴史は作られた/幻に終わったヨルダン駐在大使就任
第8章 さまざまな指導者と国の思い出
アラファトという人物/アラファト発言の真意/エジプトの指導者/シリアのアサド大統領/モロッコのハッサン二世国王/サウジアラビアのサウド王家/六人の首相を採点する/メディア利用の達人、ネタニヤフ/バラクの独白電話
第9章 時代の変化と優先事項の変化
EU大使から見たヨーロッパの中東観/ヨーロッパ内のイスラム系住民の問題
第10章 メシャル事件
暗殺工作失敗/大胆な提案/深夜に行われた運命の交渉/危機回避で得たもの
第11章 新長官の最優先事項
政府上層部と諜報トップの相互作用/長官としての資質が試された二つの事件/究極の責任を負うべき者
第12章 傲慢、尊大、自信過剰
権限の保証/否認する権利と守るべき義務/「内なる輪」と「外なる輪」
第13章 新時代の到来――国家間の仲介役としての諜報員
首相本人の仲介役/和平・和解の推進と監視/新時代の到来を告げた軍事作戦
第14章 情報の政治的操作
アラファトの強制追放/政治家との対立/政敵の攻撃材料として利用される情報/分析評価から構想案出まで
第15章 シャロンの功績
パレスチナ自治政府の新たな指導者/「ロードマップ」をめぐるドラマ/アメリカの方針に組みこまれたイスラエル/将来の争いの種
第16章 責任を負うことと責めを負うこと
情報評価の複数性と多元性/テネットCIA長官との対話/悪意に満ちたデマ
第17章 現在の新たな視点
「外来者」ではないテロ実行犯/マイノリティー対策
第18章 外交 可能なことを実行する技術
諜報 不可能事を達成する技能
テロ阻止の戦略/ハマス、ヒズボラはパートナーたりうるか
謝辞
訳者あとがき
解説 佐藤優/文庫版解説 佐藤優

感想を送る

新刊お知らせメール

エフライム・ハレヴィ
登録する
河野純治
登録する
政治
登録する
外交・国際関係
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

イスラエル秘密外交―モサドを率いた男の告白―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto