ホーム > 書籍詳細:添野義二 極真鎮魂歌―大山倍達外伝―

“極真の猛虎”が死ぬまでにどうしても書き残しておきたかったこと――。

添野義二 極真鎮魂歌―大山倍達外伝―

小島一志/著

2,376円(税込)

本の仕様

発売日:2018/02/27

読み仮名 ソエノヨシジキョクシンチンコンカオオヤママスタツガイデン
装幀 新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 494ページ
ISBN 978-4-10-301454-6
C-CODE 0095
ジャンル スポーツ
定価 2,376円

師・大山倍達の素顔から、第一回全日本選手権、梶原一騎と極真空手の真の関係、そして熊殺しウィリー・ウイリアムスの世界大会暴走反則やアントニオ猪木との格闘技戦まで。大山倍達の「鉄砲玉」として極真空手のさまざまな事件で「体を張り続けた歴史の生き証人が、すべてを明かした! 驚愕の回顧録完成、ついに封印は解かれた!

著者プロフィール

小島一志 コジマ・カズシ

栃木県生まれ。早稲田大学商学部卒業。株式会社夢現舍(オフィスMugen)代表取締役。「月刊空手道」「月刊武道空手」元編集長。講道館柔道、極真会館空手道などの有段者。著書『大山倍達正伝』『大山倍達の遺言』『芦原英幸正伝』(いずれも新潮社)『最強格闘技論』(スキ一ジャーナル)など多数。

目次

はじめに 小島一志
序章 別れ
第一章 大山倍達との出逢い
第二章 キックボクシング参戦
第三章 第一回全日本大会と梶原一騎
第四章 世界大会と武道館問題、そして少林寺襲撃事件
第五章 幻のクーデター計画
第六章 映画を巡る大山と梶原の確執
第七章 「プロ空手」への渇望と挫折
第八章 ウィリーの暴走劇とプロレスへの接近
第九章 ウィリー猪木戦、地に墜ちた極真との決別
終章 されど、いまだ道半ば
おわりに 小島一志
参考資料・文献

感想を送る

新刊お知らせメール

小島一志
登録する
スポーツ
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

添野義二 極真鎮魂歌―大山倍達外伝―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto