ホーム > 書籍詳細:日本の聖域―この国を蝕むタブー―

病理に蝕まれた本物の「悪」は、知られざる「聖域」に潜んでいる――。

日本の聖域―この国を蝕むタブー―

「選択」編集部/編

1,512円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/07/18

読み仮名 ニホンノサンクチュアリコノクニヲムシバムタブー
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 238ページ
ISBN 978-4-10-324423-3
C-CODE 0095
ジャンル マスメディア、ノンフィクション
定価 1,512円

理化学研究所、国立がん研究センター、中国大使館、教育委員会、防衛省情報本部、農薬ムラ――この国の組織や制度に巣食う「タブー」を白日の下に晒し、世の悪しき「聖域」に潜み利権を貪る鉄面皮たちを炙り出す。本物の「悪」は誰なのか? 会員制情報誌の人気連載を一冊にまとめた、大好評シリーズ、怒りの第3弾!!

著者プロフィール

「選択」編集部 センタクヘンシュウブ

「選択」は1975(昭和50)年創刊の月刊総合雑誌。予約購読制をとっており、各界指導層に読者が多いことで知られる。その執筆陣はマスコミ界を横断し一流多彩だが、すべて匿名としている。

三万人のための総合情報誌『選択』 (外部リンク)

書評

波 2014年8月号より 大手マスコミが絶対に書けない“聖域”

湯浅次郎

「彼らは自らの安全が確保されている暗闇の中でしか、その悪逆非道ぶりを発揮できない。秘匿性こそ権力濫用の礎であり、濫用を可能にする力なのだ」
米国家安全保障局の最高機密文書をリークした「スノーデン事件」。一連の報道を担ったグレン・グリーンウォルド氏の著書『暴露―スノーデンが私に託したファイル―』(新潮社刊)の一節は、こう続く。
「その毒を消すことができるのはただひとつ、透明性しかない」
権力には透明性と説明責任が求められ、市民には守られるべきプライバシーがある。だが、当節は世界のどこでもあべこべだ。個人の秘密は権力に筒抜けなのに、権力自身は高い秘匿性を享受している。権力を丸裸にしておくべきジャーナリズムが衰退してしまったせいだ。米政府が抱える闇を暴いた著作を読んで、小なりとはいえ月刊誌を発行する私は、我が身のふがいなさを痛感させられた。「暴露が足りない。日本のメディアは何をしている。権力が抱える不都合な事実をもっと暴露せよ」。そうなじられたかのような読後感だった。
『日本の聖域―この国を蝕むタブー―』も、目指すところは暴露である。国内に点在する多種多様な権力は、政界や官界、医療界、教育界等々、それぞれの専門領域で利権を貪りつつ、外部のチェックを免れて安穏としている。その一つ一つに光を当てて、少しでも透明性を高め、可視化していこう――。
この書籍の元になったのは会員制月刊誌『選択』の連載記事だ。その姿勢は、反権力で一貫している。「日本のサンクチュアリ」と題した連載は、創刊以来、もう四十年近く続いている。毎月の分量は、四百字詰め原稿用紙で十三枚程度。この紙幅に、時には3~4人の筆者が競い合うようにして情報を盛り込む。単行本はこれで3冊目だ。
聖域だのサンクチュアリだのと言うが、一体なんのことか。ジャーナリストの池上彰氏は、文庫版『日本の聖域』(新潮文庫)の末尾で、こう解説している。
「現代の聖域とは、大手マスコミが追及に及び腰になる分野のことでもあるのか」
最新刊の中から例をあげよう。「膨張する警察の『利権』―暴力団とパチンコがドル箱」と題した項では、歴代の警視総監を名指しして、天下り先で甘い汁を吸う構図を詳らかにしている。「暴力団追放」を錦の御旗に、ゴルフ場やパチンコ業界にOBを「派遣」(という名の天下り)し、警察一家の老後の面倒を民間企業にみてもらおうという魂胆。こんな話は、大新聞の記者なら先刻ご承知なのだが、マスメディアではタブーとなっている。
理由の一つは、記者クラブだ。警察の利権に触れたりすれば、警視庁を筆頭に、各県の警察のクラブで取材がしづらくなる。特ダネを貰いそびれるかもしれない。ここはいっそ阿諛追従、警察の内情暴露はやめておこう、となるわけだ。
「スポーツマフィア 電通―競技団体・スポンサー・メディアを支配」では、巨大広告代理店がスポーツの世界で私欲のかぎりを尽くしている様を描いている。有力な選手をカネの生る木に仕立て上げ、メディアを使って人気を増幅させ、肖像権で荒稼ぎ。スポーツを汚す濡れ手で粟のビジネスだが、広告その他で電通に依存している新聞やテレビは、当然ながらモノが言えない。
代理店だけでなく、広告主にも大手マスコミは頭が上がらない。「農薬ムラ―有害『ネオニコ系』を野放し」では、ミツバチが大量死し、人体にも悪影響が懸念されるネオニコ系農薬が大量散布される実態を明らかにしている。その神経毒性により子供の発達障害を引き起こす懸念が持たれているのに、マスコミはそっとなでる程度の報道しかできない。その訳は、この聖域の親玉が農協であり、その下には住友化学や武田薬品といった農薬メーカーが巣食っているからだ。これらはいずれも、多額の広告・CM料を流し込むことでメディアの懐を潤している大広告主だ。正面切っての批判などできない。こうした遠慮を「クライアント・タブー」という。
大マスコミの自主規制が、権力に居心地のよい暗闇を与えている。国民の知る権利を、メディアが阻害しているのだ。
本書による暴露など、「スノーデン事件」の世界的壮挙には遥かに及ばない。ただ、これからもこの国で生きていくのであれば、一編でも構わないので、読んでみていただきたい。読後、池上彰氏と同様の嘆息をもらすはずだ。
「そういうことだったのね。ここでも騙されていたのか」
この国には暴露が足りない。

(ゆあさ・じろう 月刊誌「選択」編集長)

目次

アンタッチャブルな「聖域」に挑む
第1部 この国の深淵をのぞく
理化学研究所 利権にまみれた「科学者の楽園」
東宮 皇室危うくする雅子妃
学習院 「皇族教育機関」の終焉
裏金まみれの「国立がん研究センター」 研究費「不正使用」でやりたい放題
日本体育協会 「スポーツ貧国」にした元凶
スポーツマフィア 電通 競技団体・スポンサー・メディアを支配
原発城下町 交付金なしでは生きていけない
自民党東京都連 党本部も手を出せぬ「利権の伏魔殿」
第2部 不義と不正の巣窟
人工妊娠中絶 年間二十万近くの「捨てられる命」
中国大使館 母国情報機関の一大集結地
公安警察 この国の「諜報世界」を歪める者
高齢者医療 この「亡国の穀潰し」
膨張する警察の「利権」 暴力団とパチンコがドル箱
日本貿易振興機構(JETRO) 海外で放蕩三昧の「無用の長物」
教育委員会 即刻廃止すべき組織
沖縄防衛局 カネと利権をばらまく「伏魔殿」
防衛省情報本部 中朝と対峙する「闇の中の組織」
第3部 欲望に勝るものはない
私大と新聞の「異様な関係」 無能学生濫造を促進
農薬ムラ 有害「ネオニコ系」を野放し
日本内科学会 医療費を食い荒らす利権集団
暴力団を甦らせた「フクシマ」 巨額の公金が吸い取られている
「科学研究費」の闇 不正にまみれた「学者ムラ」
自治医大と高久史麿 医療界を牛耳る陰の利権組織
トクホ(特定保健用食品)の闇 メーカーぼろ儲けの「健康詐欺」商売
児童養護施設 ドラマの比ではない「犯罪行為」の巣窟

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

「選択」編集部
登録する
マスメディア
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

日本の聖域―この国を蝕むタブー―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto