ホーム > 書籍詳細:管見妄語 とんでもない奴

辛辣さとユーモアで世の中の真理をすくい取る、待望の大好評シリーズ第5弾!

管見妄語 とんでもない奴

藤原正彦/著

1,404円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/12/22

読み仮名 カンケンモウゴトンデモナイヤツ
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 190ページ
ISBN 978-4-10-327411-7
C-CODE 0095
ジャンル 社会学
定価 1,404円
電子書籍 価格 1,123円
電子書籍 配信開始日 2015/06/19

鋭い視点で日本の迷走や、不穏に満ちた世界情勢を喝破したかと思えば、温かい眼差しで人知れず熟れて落ちる柿の実のあわれを憂い、学生のいたずらに自分の武勇伝を重ねて懐かしむ。縦横無尽に題材を捉えながら、ユニークな発想と慧眼で物事の本質を突く『週刊新潮』人気連載が単行本に。軽妙絶妙な筆致がますます冴えわたる!

著者プロフィール

藤原正彦 フジワラ・マサヒコ

1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。1978年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『遥かなるケンブリッジ』『父の威厳 数学者の意地』『心は孤独な数学者』『国家の品格』『この国のけじめ』『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『ヒコベエ』『日本人の誇り』『孤愁 サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)『日本人の矜持』『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』等。新田次郎と藤原ていの次男。

目次

はじめに
第一章 伝統は合理性を超越する
偶然の紡いだ人の鎖
霞が関の「いつもの手」
“崇米”を育てるアメリカ留学
フェアウェイ上の妖しい男女
名著の土壌
優雅で根暗なキノコ狩り
開会式に伏兵あり
「平等」は小うるさい
我が義務教育の勝利
人物本位で天才は消える
第二章 ヨーロッパの轍を踏まぬよう
とんでもない奴!
アジア西端の街へ
夢はペラパレスを駆け廻る
トルコの国父・アタチュルク
最後の柿泥棒
米国のロイヤルファミリー
大いなる待った
西洋の轍
数学者の傍に音楽
救国の数学者と毒リンゴ
第三章 世界の無法化が進んでいる
国葬論争顛末
北風の試練
我が大気汚染測定器
楽観者のアドバンテージ
“HELP!”の罠
掌中の珠
引き裂かれたアンネ
跳躍よさらば
アメリカの持病
台湾学生にエールを
第四章 ジェントルマンの作法
二つの島の哀しみ
生はいとしき「ハイ・チーズ」
何用あってグーグルマップ
西欧の壮大な失敗
食べ物と学歴のあやしい関係
人生で一番まずいすし
人の名は忘れても
童謡に動揺す
我が国最強のロビー団体
所変われば
第五章 猛威をふるう新自由主義
捨てる勇気
エルデシュ数
紫禁城の宝
励ませば唇寒し
退却する勇気
勝てない理由
もしも文語が書けたなら
本屋を守れ
優遇という名の差別
紳士の品質

関連書籍

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原正彦
登録する
社会学
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

管見妄語 とんでもない奴

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

管見妄語 とんでもない奴

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!