ホーム > 書籍詳細:守教(上)

隠れキリシタンたちの魂の叫びが、甦る!
慟哭の歴史巨編!

守教(上)

帚木蓬生/著

1,728円(税込)

本の仕様

発売日:2017/09/29

読み仮名 シュキョウ1
装幀 ヤマモトマサアキ/装画、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 334ページ
ISBN 978-4-10-331423-3
C-CODE 0093
定価 1,728円

戦国期の伝来から、弾圧を経て、江戸時代の終わりまで。九州のその村に、隠れつづけたキリシタンたち。殉教する者、転ぶ者、密告する者。史実をもとに、命を賭けて信じ続けた村人たちの姿を、過酷な状況を、残酷な処刑を、心の迷いを、温かい視線で描ききった落涙必至の歴史小説。あなたの知らなかった真実が、ここにはある!

著者プロフィール

帚木蓬生 ハハキギ・ホウセイ

1947年、福岡県生れ。東京大学仏文科卒業後、TBSに勤務。2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。2017年現在は精神科医。1993年『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞、1995年『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、1997年『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年『水神』で新田次郎文学賞、2011年『ソルハ』で小学館児童出版文化賞、2012年『蠅の帝国―軍医たちの黙示録―』『蛍の航跡―軍医たちの黙示録―』の2部作で日本医療小説大賞、2013年『日御子』で歴史時代作家クラブ賞作品賞をそれぞれ受賞する。『国銅』『風花病棟』『天に星 地に花』『悲素』『受難』といった小説のほかに、新書、選書、児童書などにも多くの著作がある。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

帚木蓬生
登録する

書籍の分類