ホーム > 書籍詳細:子どもの学力がぐんぐん伸びる お母さんと一緒の読解力教室

「文章を読み解く力」があれば、あらゆる教科の成績がぐっとアップする!

子どもの学力がぐんぐん伸びる お母さんと一緒の読解力教室

二瓶弘行/著

1,296円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/03/28

読み仮名 コドモノガクリョクガグングンノビルオカアサントイッショノドッカイリョクキョウシツ
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 143ページ
ISBN 978-4-10-335471-0
C-CODE 0037
ジャンル 教育学
定価 1,296円

「テストの問題文が以前より難しくなった」「本は好きなのに国語の成績が上がらない」。脱ゆとり教育で重要視されている読解力は、どうすれば身につくのか。小学校の低学年でもすぐに使える、説明文と物語の両方に対応した、カリスマ教師の読解テクニックを大公開。親子で例文を読みながら、子どもの「生きる力」を育てます。

著者プロフィール

二瓶弘行 ニヘイ・ヒロユキ

1957年新潟県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、新潟県内の公立小学校を経て、上越教育大学大学院の修士課程を修了。1994年から筑波大学附属小学校教諭。立教大学兼任講師、全国国語授業研究会理事、国語教室ネットワーク「ひろがれ国語」代表などを務める。著書に『“夢”の国語教室創造記クラスすべての子どもに確かな学力を』『二瓶弘行国語教室からの提案 物語の「自力読み」の力を獲得させよ』(ともに東洋館出版社)、『二瓶弘行の「物語授業づくり一日講座」』『二瓶弘行の「説明文一日講座」』(ともに文溪堂)など。

目次

まえがき
第一章 子どもに必要な力は、読解力
一回きりの読書では、読めない言葉がある
自分で考え、自分を表現できる子どもに育てる
読解力重視が入試問題を変えている
大問題となった国際調査の「読解力」
現代社会を生き抜くために
家庭だからやれることがある
そもそも、読解力とは
物語と説明文で学ぶ二つの読解法
第二章 説明文を読む力~三つの大部屋読解法
説明文の「美しいしくみ」を学ぶ
 ◆「いろいろなふね」――「新しい国語」編集委員会
三つの大部屋に分けて、文章の構成をつかむ
大部屋の性格を考えて、要旨をまとめる
小部屋に分けて、本論の要点をおさえる
本論の小部屋を要約する

【まとめ 三つの大部屋読解法】
第三章 三つの大部屋読解法で、長い説明文を読む
三年生の「めだか」を読む
 ◆「めだか」――杉浦 宏
長い「めだか」を二つに分けて読む
 ◆「めだか1」
「めだか1」の家を描いて、要旨を捉える
「めだか1」の本論を小部屋に分けて読む
二つ目の文章「めだか2」を考える
 ◆「めだか2」
「めだか2」も家を描いて、要旨を捉える
「めだか2」の本論を詳しく読む
筆者の思いが伝わるしくみを考える
杉浦宏さんの「めだか」に近づく
つなぎの段落は、光り輝くレッドカーペット
第四章 物語を読む力~クライマックス場面読解法
物語が子どもに与えてくれるもの
物語の感想が変わる読み方
物語もまとまり意識で読む
 ◆「かさこじぞう」――岩崎京子 (あらすじ)
頭の中で場面の絵をつくる
物語の基本的なしくみを考える
クライマックス場面を中心に、三つの大きな問いを考える
「作品の心」を中心に、自分の感想をまとめる
最後の感想が確かに変わる

【まとめ クライマックス場面読解法】
第五章 クライマックス場面読解法で、長い物語を読む
五年生の「大造じいさんとがん」を読む
 ◆「大造じいさんとがん」――椋 鳩十
「時」を観点に、物語を場面で分ける
三つの大きな問いに関わる言葉を探す
見つけ出せる言葉は一つではない
人物の気持ちの変化を言葉でつなぐ
第六章 クライマックス場面読解法で、物語の深さを知る
一年生の「おおきなかぶ」を高学年でも学ぶ
 ◆「おおきなかぶ」――内田莉莎子訳
「人物」を観点に、場面に分ける
言葉をもとにして説得する
繰り返される言葉には意味がある
だんだん高まる思いを読み取る
人物の「順番」が語る小さな存在
「順番」が表すもう一つの意味
みんなちがって、みんないい
第七章 読解力が子どもを成長させる
学び合いで読解力をつける
読解力は生きる力そのもの
読む、書く、聞く、そして話すこと
生涯読書人に育てる
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

二瓶弘行
登録する
教育学
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

子どもの学力がぐんぐん伸びる お母さんと一緒の読解力教室

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto