ホーム > 書籍詳細:BUTTER

獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。

BUTTER

柚木麻子/著

1,728円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/04/21

読み仮名 バター
装幀 原裕菜/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 463ページ
ISBN 978-4-10-335532-8
C-CODE 0093
定価 1,728円

男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。「木嶋佳苗事件の闇について、柚木さんでなければ描けなかった。この本を読んで、女性と話をするのが怖くなった。」(佐藤優氏)

著者プロフィール

柚木麻子 ユズキ・アサコ

1981(昭和56)年、東京都生れ。2008 (平成20)年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、2010年に同作を含む『終点のあの子』でデビュー。 2015年『ナイルパーチの女子会』で山本周五郎賞を受賞。ほかの作品に 『ランチのアッコちゃん』『伊藤くん A to E』『その手をにぎりたい』『奥様はクレイジ ーフルーツ』などがある。

書店員さんコメント

恐るべき人間の業を見事に描き切った快作!!
むせ返すような人間くささが全編から漂い、圧倒的なインパクトを放つこの物語は「愛憎」の概念をも打ち砕くパワーがある。
今、最注目の作家・柚木麻子の到達点であることに間違いない。

三省堂書店営業企画室・内田剛さん


すごいものを読んでしまいました。
本を閉じてもなお、日常生活に介入してくる。
読者に対して、傍観者でいることを許さない。圧倒されました。
ぶん殴られて襟首つかまれて、引きずり回された気分です。

丸善松本店・田中しのぶさん


様々な角度から描かれる「女」、食から見る事件、人間模様……柚木さんらしい切り込み方で、すごく面白かったです!! 間違いなく傑作。
食生活って人間が出るものだと痛感しました。そして、「バター」がこんなにも魅惑的で、色気のあるものとは……。

SHIBUYA TSUTAYA・内山はるかさん


なんと濃厚な味わい! 食べたら、やめられなくなる。 登場する女たちすべてから、目が離せない。なぜならそこに、いつかの自分、知ってる誰か、友人、知人、親、家族……の姿が重なるような気がするから。
柚木麻子という作家は、ずっと女性の味方だなと思っている。
もしかしたら、この世で一番(!?)女性を理解している作家だから、容赦なく、シビアに「女」のあらゆる面を書き、私たちに突き付ける。そして、真のエールを送ってくれる。そんな、信頼できる作家だ。

喜久屋書店帯広店・磯野あかねさん


梶井真奈子の魅力にひきこまれてしまう。
これ以上知りたくない、という気持ちと、先が気になる気持ちが混ざり合い、複雑な心情になる。
小説でここまで心を揺さぶられたのは、この本だけです!!

喜久屋書店倉敷店・中田唯さん


こってりした料理を食べた後のような胃もたれ!?
温泉に浸りすぎた時のようなのぼせ感!?
とにかく、本を読んでこんな気分になったのは初めてでした。
柚木さんの本気がめちゃくちゃ伝わってきました!!

文教堂書店浜松町店・千葉裕子さん


やみつき注意! 濃厚な味なのに、不思議にするすると入り込んでくる。素材を巧みに活かした技に、ほれぼれする。
……料理の話ではなく、本作の感想である。
登場人物がそれぞれに抱える葛藤、木嶋事件が示す男と女の関係性。様々なものを突き付けつつ、それでもあくまで「物語」で読者を惹きつける快作。

紀伊國屋書店京橋店・朝加昌良さん


人の目や世間体が気にならなくなることはない。
けれど強い、自分に正直な女性でありたいと前を向ける小説でした。

紀伊國屋書店横浜みなとみらい店・安田有希さん


若くも美しくもない女に、なぜ男たちは惹かれたのか。
それを探る女性記者までもが振り回され、この話はどこへ向かうのかと夢中になって読みました。
先の見えない展開にハラハラドキドキ。
食べる表現の上手さも手伝って、お腹も空くけどカロリーも高い、魅惑的な小説でした。

文信堂書店長岡店・實山美穂さん


ぶっちゃけ“彼女”を下に見ていました。
けれど、殺された男たち、そして主人公同様に、読めば読むほど“彼女”の崇拝者になっていく。気づけばうちからもマーガリンが消えていました。この本、怖い……!

ジュンク堂書店松山店・木﨑麻梨子さん


読み始めたら本当に止められませんでした。
続きがジリジリと気になって、無駄に焦りながら、読後、落ちました。

三省堂書店名古屋高島店・大屋恵子さん


濃厚でした。とことん濃厚でした。バターはあまり好きではないのですが、この小説の濃厚さは麻薬的な魅力があります。本当はこんな女、大嫌いなはずなのに、梶井のことが気になって仕方がない。なんてうざくてイヤな女なのだろうと思うのに、若さも美しさもこの女の前では、ひれ伏すしかないのだろうか。
無性にバター醤油ごはんが食べたくなる一冊。もう、マーガリンはいただけない! 高いバターをキラキラ溶かしながら食べようと思いました。

有隣堂伊勢佐木町本店・佐伯敦子さん


梶井の言動を追っていくうちに、自分の常識が頼りなくなって、足元がぐらぐらしてくる。心の奥にあるものが湧き出しそうになる。私をどこへ連れていこうとするんだ梶井! と叫ばずにはいられない。
濃厚な柚木麻子ワールドをどっぷり堪能してください。

BOOKSなかだ掛尾本店・牧野有希子さん


うわあー落ちる! と思った瞬間に、バター醤油ごはんと一緒にこの小説に落ちてしまいました。すっかり『BUTTER』中毒です。

明文堂書店富山新庄経堂店・野口陽子さん


最初は警戒しながら読んでいたはずなのに、いつのまにか、梶井の手の中で踊らされていました。
魅力的な料理の描写に、よだれがとまりません。
自己中心的でナルシスティック、自分に都合の悪いことは無視して、真実を捻じ曲げる梶井は、確かに気持ちが悪く、嫌悪感を覚えますが、共感している自分もいるんです。こういう歪で弱いところ、人間なら誰しもあるんじゃないでしょうか。
読んでいて、辛いところもあるのですが、この濃密な小説を読むのをやめられない。恐ろしくグリップの強い柚木さんの筆力に、ただただ圧倒されました。
バターのように濃厚で香り高い、これぞ最高傑作! 胸やけには要注意です。

文苑堂書店福田本店・竹田智昭さん


柚木さんの描く女性たちがいつも好きだ。でも今回の女性・梶井は怪物級。梶井の言動に捻じ曲げられる女たちの関係、一見恐ろしいが、渦中にいる本人たちにはある種の快感なのかも……。
読む方もどっぷり浸かってしまう。ページをめくる手が止まらない。

今井書店錦町店・山口郁子さん


登場人物それぞれの必死さに共感し、励まし、励まされながらの一気読み。胸が痛くてもやめられない。この生々しさは残ります。
これが「現代小説」なんだなと。

ジュンク堂書店神戸住吉店・大橋加奈子さん


主人公がカジマナにこのまま飲み込まれてしまうのかと、ドキドキしながら読み進めました。
欲望渦巻くドロドロの世界と、「食」とがこんなに上手く混ざり合うとは! まさに柚木麻子のすべてが詰まった作品。

ブックファースト豊中店・有馬宏貴さん


たとえ嫌悪する対象であっても、力強く抗えないその悪しき魅力は、心の隙間に入り込み、孵化し、今までとは違うものへと変化する。
その果てしなくも切ない風景を描き切った柚木麻子に、ただただ、脱帽した。

大盛堂書店・山本亮さん


『BUTTER』というタイトルがまさにぴったりの、コクのある濃厚な後味の小説でした。とにかくカロリーのある料理の描写と、それに負けないくらいカロリーの高いキャラクターの梶井にお腹いっぱい! どっしりと胃にきました。
人と繋がって生きることがどれほど大切か、そのためには自分の心を見せるのが大事なのだ、ということに気付かされました。

ジュンク堂書店新潟店・涌井有紀さん


梶井真奈子という存在に底知れない恐怖を感じながら、自分も同じような一面を持っているのでは、と感じました。嫌なものは見ず、自分にとって都合の良いように物事を改ざんしていく……誰にでもあることで、梶井だけではないと思います。深く考えさせられました。
主人公の里佳が、振り回されながら、傷つけられながらも今に立ち向かい、あがこうとする姿に勇気をもらいました。面白かったです!

丸善岐阜店・大野久美子さん


梶井真奈子から発せられる、いくつもの核心を衝く言葉にひきこまれた。自分のことを省みずにはいられなかった。

浅野書店・大宮和子さん


他人の動きが気になって、毎日が悲喜こもごも。形のないイメージに振り回されて、がんばっているようで、実は苦しんでいるんじゃないか?
そもそも、愛するって、愛されるって、なんだろう?
改めて考えさせられた、深い小説でした。面白かった!

喜久屋書店小樽店・渡邊裕子さん


まいったなあ、読みたくなかった。だってギクリとしてしまうから。
正直、明日からどう生きていこうか、頭を抱えた。
そんな私の口内からは、何も口に入れていないのに、バターの風味が匂ってくる気がする。妙に生々しい。本当に困る。
柚木先生、よくぞここまで突き破った小説を書いてくれましたね。
うらみますよ(最高でした)!

宮脇書店本店・藤村結香さん


食描写がとにかく卑猥でなまめかしく、胃と子宮を同時にまさぐられた気分です(笑)。
たらこバターのパスタは読んだ日の夜に早速作りました。食べている間も、バターのつやとたらこのツブツブをまとった梶井の、プリッとした唇が脳裏に浮かんできて、どうにもいやらしい気持ちになってしまいました。私も確実に梶井に翻弄された一人です。
でも、最後、里佳が前を向いてくれたおかげで、全く嫌な気持ちはしませんでした。
バターたっぷりの中に、少し苦みがあって、爽やかなレモンピールもふわっと香る、まさにカトルカールのような小説でした。

紀伊國屋書店ららぽーと豊洲店・宮澤紗恵子さん


欲望を晒すことに感化されてゆく主人公。読みながら、自分もまた、世間の目のひとつだということを考えさせられました。

ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店・藤田聡さん


蠱惑的な匂いに引きずりこまれ、徹夜して読んだ。
あなたもきっと惑わされる。
食とは? 欲望とは? 女とは? 男とは? 友情とは? 夫婦とは? 家族とは? ――あらゆる問いを投げかける、柚木麻子最高傑作。

喜久屋書店明石駅ビル店・松本光平さん


ただただ、バターが食べたくなりました。
あまり食に興味がありませんが、池波正太郎さんの『剣客商売』以来、本を読んで、「作ってみたい! 食べてみたい!」と思いました。

蔦屋書店宮崎高千穂通り店・小澤由美さん


下世話な表現で恐縮なのだが、下手な「婚活本」を読むよりは、この小説を読む方が、よっぽど女子力、いや、男性を魅了する魔性の力を身につけることができるのではないか?
鳥肌ものの指南書として読むのもまた一興。

大垣書店高槻店・井上哲也さん

感想を送る

新刊お知らせメール

柚木麻子
登録する

書籍の分類

BUTTER

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto