ホーム > 書籍詳細:マラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

空前の巨大スタジアムで、絶後の20万人観衆が慟哭――。

マラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

沢田啓明/著

1,620円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/05/16

読み仮名 マラカナンノヒゲキセカイサッカーシジョウサイダイノハイボク
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 302ページ
ISBN 978-4-10-335631-8
C-CODE 0095
ジャンル スポーツ
定価 1,620円
電子書籍 価格 1,296円
電子書籍 配信開始日 2014/11/21

1950年ブラジルW杯最終戦、まさかの逆転負けで全国民が沈黙した悲劇を完全再現。1000点の資料と10年に及ぶ取材が浮かび上がらせた真実とは? 南米サッカーの発展から、選手達のその後の哀しき人生までを書き尽した、渾身の大河ノンフィクション。人々を熱狂させるサッカーは、しかし一方で、かくも残酷なのか……。

著者プロフィール

沢田啓明 サワダ・ヒロアキ

1955年山口県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。3年間の会社勤めの後、北アフリカ・サハラ砂漠の天然ガス・パイプライン敷設工事現場でフランス語通訳に従事。蓄えた資金で1986年ワールドカップ・メキシコ大会を現地観戦し、人生観が変わる。「日々、フットボールを呼吸し、咀嚼したい」と考え、同年末、ブラジル・サンパウロヘ。フットボール・ジャーナリストとして日本の専門誌、新聞などへ寄稿しており、著書に『情熱のブラジルサッカー』(平凡社新書)などがある。

書評

波 2014年6月号より たったひとつの試合がブラジルを変えた

大住良之

Jリーグができるずっと前、日本サッカーリーグ(一九六五~九二年)の時代にも、たくさんのブラジル人選手が日本で活躍していた。彼らのプレーや言動を見ていて、なかなか理解しがたいことがあった。勝負への異常なまでの執着だ。
サッカーの試合だけの話ではない。練習中のミニゲーム、カード遊び、そしてじゃんけんにいたるまで、彼らは勝つことにこだわった。勝つためにはどんなことでもするといった姿勢だったのだ。
当時、ブラジルのサッカーは「美しい」と思われていた。一九七〇年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会でペレを中心としたチームが高い技術を駆使して完全優勝を飾ったのを見ていたからだ。日本にきたブラジル人選手たちはもちろん高い技術をもっていた。だがそれ以上に勝負への執念に驚かされた。
その後ブラジルに取材に行くようになって、ブラジル人たちにとってのサッカーとは、「何が何でも勝つ」ことであるのを知った。それがブラジルという社会の特質なのかと思った。
だが本書を読んで、六十四年も前、一九五〇年に行われたただひとつの試合が、ブラジル人たちのサッカー観、あるいは人生観さえ変えたことが理解できた。
「マラカナンの悲劇」は、日本人でも聞いたことがある世界のサッカーの「伝説」のひとつだ。地元開催のワールドカップ。二十万人という途方もない大観衆。その前で初優勝を目前にしていながら逆転で敗れ、スタンドでは四人ものファンがショック死した……。
著者沢田啓明は、一九八六年にサンパウロに移住して日本にブラジルサッカーを伝える仕事をするようになってから、この出来事に興味をもち、二十年以上にわたって資料や情報を集めてきた。関係する場所や「生き証人」たちを求めてブラジル各地、この試合の対戦相手であるウルグアイだけでなく、遠くフランスやスコットランドにまで足を伸ばしたという。丹念な取材で積み上げた膨大な資料の間を何年間もさまよいながら、結果的に淡々とした口調で紡ぎ出したのが本書である。
南米サッカーの歴史から説き起こす経路は、迂遠のようであって、最後の九十分間の怒濤のような流れまで読み進むと、その背景を理解するのに必要な要素であることを知る。そして著者は、「四人のショック死」は伝説でしかなく、スタンドからの落下での骨折などが九十六人、気分が悪くなって手当を受けた人が七十三人いただけだったという冷徹な事実を示す。
ウルグアイとの最終戦で引き分ければ優勝だったブラジル。敗因は、チームというより、メディアや協会関係者・政治家を含めた周囲の奢りだった。著者は、執拗なまでにその事実を積み重ね、試合前から勝ったつもりでいることの愚かさを描く。この敗戦はブラジル国民の大きなトラウマになるとともに、強烈な教訓となり、おそらく、以後のブラジルサッカーの性格さえ変えた。それが、日本サッカーリーグ時代に私が驚いたブラジル人選手たちの異常なまでの勝負への執着となったのだろう。
だが、本書がサッカーの物語として非常に大きな価値をもつのは、「マラカナンの悲劇」の背後に隠されたあるエピソードを掘り起こし、克明に再現したことではないだろうか。それは、敗戦にうちひしがれた夜のブラジル国民と、ある英雄との驚くべき交流のエピソードである。
著者はウルグアイのモンテビデオに足繁く通い、センテナリオ・スタジアム(一九三〇年の第一回ワールドカップ会場)のなかにある「フットボール・ミュージアム」に通い詰めた。その取材のなかで、ウルグアイ代表キャプテンのオブドゥリオ・バレーラのパーソナリティーに惚れ込み、この驚くべきエピソードにたどり着く。
「こんな本、本当に出せるのかな、他の人に共感してもらえるのかなと思っていた時期があったのですが、バレーラとブラジル庶民の交流がブラジル国内ですらあまり知られておらず、この逸話を広く知ってもらいたいという思いが原動力になった気がしています」。そう沢田は語る。
そのブラジルを舞台にした六十四年ぶりのワールドカップ開幕が目前に迫っている。日本代表を応援し、大会を楽しむ前に読むべき一冊があるとしたら、この本に違いない。

(おおすみ・よしゆき サッカージャーナリスト)

目次

第一章 世界最大のスタジアム
幸福な笑顔/戦後初のワールドカップ/スタジアム建設開始/出場国決定/デルビーの巨人/世界最大のスポーツの祭典
第二章 フットボールの南米伝播
近代フットボールの誕生/近代五輪とFIFA/フットボールがアルゼンチンへ/フットボールがウルグアイへ/ラプラタ・ダービーの始まり/ショートパス戦法の衝撃/フットボールがブラジルへ/リーグ戦開始/ブラジル代表結成
第三章 南米選手権、五輪、そしてワールドカップ
南米選手権開始/パリ五輪/アムステルダム五輪/第一回ワールドカップがウルグアイへ/ワールドカップ開幕/一九三四年、三八年大会
第四章 バレーラとバルボーザ
オブドゥリオ・バレーラ誕生/フットボールの道へ/代表、そして名門ペニャロールへ/モアシール・バルボーザ誕生/ヴァスコダガマへ移籍
第五章 ワールドカップ前夜
“フジヤマのトビウオ”のブラジル遠征/アルゼンチンは不参加/ブラジル代表が強化合宿/出遅れたウルグアイ
第六章 ワールドカップの熱狂
ついに開幕!/強豪国が続々登場/世紀の番狂わせ/ブラジルに試練/ウルグアイが到着/決勝リーグ開始/ブラジルが圧倒
第七章 マラカナッソ(マラカナンの悲劇)
決戦前夜のセレソン/対照的なウルグアイ/試合当日の選手たち/試合直前/セレソンのロッカールーム/セレステのロッカールーム/決戦のピッチで/試合開始/ハーフタイム/運命の後半/試合終了
第八章 マラカナッソの夜
その夜のバレーラ/批判、不眠、悪夢/凱旋帰国/大会後の反響と後遺症/一九五四年ワールドカップ/引退後の両国選手/ウルグアイの英雄たち/二〇一四年ワールドカップ・ブラジル大会へ
あとがき
主要参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

沢田啓明
登録する
スポーツ
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

マラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

マラカナンの悲劇―世界サッカー史上最大の敗北―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!