ホーム > 書籍詳細:特捜7―銃弾―

警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!

  • テレビ化土曜ワイド劇場『特捜セブン~警視庁捜査一課7係』(2016年2月放映)

特捜7―銃弾―

麻見和史/著

1,836円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/05/22

読み仮名 トクソウセブンジュウダン
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 348ページ
ISBN 978-4-10-335711-7
C-CODE 0093
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 1,836円
電子書籍 価格 1,469円
電子書籍 配信開始日 2014/11/07

ベテラン警官が殺害され、拳銃が奪われた。連続する射殺事件と遺体損壊事件を追い、特捜チームの岬怜司は、妙な特技を連発する所轄署の里中宏美とコンビを組む。緻密な推理から浮上する過去の未解決事件、その闇に消えた男。二人が封印された真実に迫った時、犯人は予想外の姿で現れる! 巧みな伏線が冴える本格捜査ミステリー。

著者プロフィール

麻見和史 アサミ・カズシ

1965(昭和40)年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006(平成18)年に『ヴェサリウスの柩』で鮎川哲也賞を受賞しデビュー。ミステリー要素の濃い警察小説を次々と発表し、高い人気を得ている。「警視庁殺人分析班シリーズ」「警視庁文書捜査官シリーズ」「特捜7シリーズ」の他、『真夜中のタランテラ』『深紅の断片 警防課救命チーム』『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』『共犯レクイエム―公安外事五課』などがある。

麻見和史のイベント・シンポジウム日記 (外部リンク)

書評

波 2014年6月号より 変貌する刑事小説

香山二三郎

警察小説というとまず思い浮かぶのは警視庁捜査一課ものだろう。しかし今日の警察小説ブームの発祥をたどると、意外なことがわかる。まず逢坂剛の公安シリーズ第一作『裏切りの日日』が出たのが一九八一年。『二度のお別れ』で黒川博行の大阪府警捜査一課ものが始まったのが八四年で、最近テレビドラマ化された逢坂の『百舌の叫ぶ夜』が出たのが八六年、そして『二重標的(ダブルターゲット) 東京ベイエリア分署』で今野敏の安積班シリーズがスタートするのが八八年。
九〇年代に入るとさらに、大沢在昌『新宿鮫』のシリーズが登場してくるが、そうした作品には警視庁捜査一課ものが案外少ないのだ。
逢坂作品は公安警察ものだし、黒川作品は捜査一課は捜査一課でも大阪府警もの、安積班もののベースも東京湾臨海警察署。してみると、現代の警察小説を切り開いてきた旗手たちは、警視庁捜査一課ものという正統的な路線を意図的に外したようにも思われる。
むろんそうしたチャレンジが警察小説ジャンルの裾野を広げることとなり、今の人気につながっている。
近年警察小説に手を染める新鋭作家は少なくないが、彼らもまた、いかにして独自の路線を演出するかに苦慮しているに違いない。『石の繭 警視庁殺人分析班』を皮切りに警視庁殺人分析班シリーズ(「警視庁捜査一課十一係シリーズ」改め)をすでに五作刊行している麻見和史もそのひとりである。
一見オーソドックスな警視庁捜査一課もののように思われるこのシリーズの特徴は、まず本格ミステリー趣向にある。第一作『石の繭』でいえば、男の毒殺死体が何故かモルタルで固められていたりするわけだが、それに加えてもうひとつ、主役を務めるのが十一係の新米刑事・如月塔子巡査部長であること。鷹野秀昭警部補を始めとする先輩刑事たちに支えられ、彼女が成長していく姿も読みどころになっている。
では、新たなシリーズの開幕となる本書ではどんな趣向が凝らされているのか。
ひとつは、やはり謎解き趣向のたたみかけだ。
物語は一〇月後半のある日、江戸川区臨海町の葛西潮風公園で男の惨殺死体が発見されるところから始まる。その捜査に当たるのが、郡司壮一郎係長(通称「軍曹」)率いる「特捜7」こと警視庁捜査第一課第七係の面々。程なく被害者は板橋区志村署地域課の巡査部長であり、所持していた拳銃が奪われていることが判明するが、この事件には幾つもの謎があった。遺体が臨海地区に運ばれたのは何故か、肩関節から両腕を切断されていた理由は、そして裸に派手なオレンジ色のレインスーツをまとわされた理由は……。
主人公を務めるのは特捜7のひとり岬怜司警部補だが、所轄の葛西署の里中宏美巡査とコンビを組まされ、当初は不満たらたら。里中は小柄で、だぶだぶのパンツスーツ姿――岬いわく「女チャップリン」じみた変わり者だが、岬は次第に彼女本来の能力を見出していく。特捜のエースと天然キャラの女性刑事が次第に歩調を合わせていくありさまは、まさに女性警察官の進出が目覚ましい現実の警察事情を反映させたものだろう。本書に凝らされた、もうひとつの趣向であることはいうまでもない。
事件はやがて、奪われた拳銃が使用され連続殺人へと発展するが、捜査はなかなかはかどらず、ついには犯人の挑発まで受ける。特捜7がこの難局をどう乗り切ってみせるかに注目だが、そういってしまうと、いかにもオーソドックスな警視庁捜一ものっぽく聞こえるか。
実はこのシリーズの狙いはラストに呈示されているように思われる。そこでは岬の同僚、佐倉響子が自らの捜査チームを作ることを夢見ていることが明かされる。表題の「特捜7」の本当の意味も、その佐倉チーム(別名「佐倉の園」!)が結成されていく過程を追ったものなのではないかと。

(かやま・ふみろう コラムニスト)

目次

プロローグ
第一章 強奪
第二章 侵入
第三章 追跡
第四章 襲撃
エピローグ

関連書籍

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

麻見和史
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

特捜7―銃弾―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

特捜7―銃弾―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!