ホーム > 書籍詳細:「地震予知」の幻想―地震学者たちが語る反省と限界―

将来、日本列島に必ず起きる大型地震。果たして、その予知はできるのか?

「地震予知」の幻想―地震学者たちが語る反省と限界―

黒沢大陸/著

1,512円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/07/18

読み仮名 ジシンヨチノゲンソウジシンガクシャタチガカタルハンセイトゲンカイ
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 255ページ
ISBN 978-4-10-336091-9
C-CODE 0095
ジャンル 社会学
定価 1,512円

日本の地震学者たちはなぜ、3・11を予知できなかったのか? 「現状の科学レベルではとても困難」「そもそも予知が可能とは言ってない」──学者らの本音とは逆に、来るべき大型地震に備え、政府や国民の予知への期待は膨らむ。災害大国でもあるわが国の地震対策は、どこでボタンを掛け間違えたのか。地震学、混迷の現状を追う。

著者プロフィール

黒沢大陸 クロサワ・タイリク

朝日新聞編集委員兼科学医療部次長。1963年長野県生まれ。1991年、朝日新聞入社。科学部や社会部で国内外の災害現場の取材や、選挙、鉄道、気象庁、内閣府、文部科学省担当などを経験。2012年から編集委員。企画記事の「災害大国」シリーズなどを担当。

twitter (外部リンク)

目次

まえがき

INTRODUCTION 地震学者がいる組織
第1章 3・11が地震学者にもたらしたもの
「間違いを犯してしまった」/なぜ3・11を予測できなかったのか/地震学者の「反省」/地震学者の総本山/「地物」と「地質」/微妙な壁の高さ/「岡村さん、ごめんなさい」/工学と地震学/「宗教が違う」/津波研究者/反省から学ぶこと
第2章 地震学者と「予知」
「予知は困難と認めよう」/「予知」と「予測」の違い/地震学者と予知研究/東海地震の「問題点」/地震知事の活躍/地震学者に与えられた強権/「予知は難しい」/予知にナマズ?/大震法の見直し/調査に見える地震学者の本音/「等身大」をキーワードに/始まった「予知外し」/名を捨てて身を守る/進む「予知離れ」/予知学者たち
第3章 原発と地震学者
反省か、言い訳か/食い下がる電力会社/新説まで飛び出す/原発推進派の主張/ものわかりのいい研究者になるな/立川断層はなぜ見誤ったのか
第4章 過去の記録は将来の予言である
あの「予知」はどこまで信用できる?/地震予知は天気予報とは違う/「劇薬」予測/古文書から地震研究/過去の災害報道はどう読むか
第5章 起こるべき地震に備えて
地震村の村長/被害想定づくりの苦労/確実に起きる地震/首都直下地震の切迫度/首都直下地震の被害想定/まだまだある想定される地震/首都直下地震が起こったら/被害想定はこうすれば減らせる
第6章 次代を担う地震学者たち
地震学があえぐ三重苦/地震研のエキスパートたち/「100点を狙わなくていいが、0点はいけない」/「日本沈没」と地震学者/震災ショックからの立ち直り/地震予算
あとがき

インタビュー/対談/エッセイ

波 2014年8月号より 地震学者とはどんな人たちか

黒沢大陸

インド洋大津波で壊滅的大被害を受けたインドネシアのバンダアチェ。発生から3週間ほどした2005年1月、現地を訪れた。土台だけが残った海岸近くの住宅跡で、じっと海を見つめていた老婆がいた。当時の話を聞かせてもらい、最後に日本に望むことを尋ねた。老婆は「津波が起きないようにしてほしい」と答えた。しかし、津波、すなわち地震を止めることは人間の力ではできない。
この話を日本ですると、みんな苦笑する。しかし、科学技術に対する期待と現実がかみあわないのは、日本も同じだ。地震の研究や予知に対する期待と、地震学者たちが及んでいない学問水準のように。
東日本大震災は、現在の地震学の限界を見せつけた。
3・11以前、地震学者たちは「マグニチュード9」という巨大地震が日本で起きると予測していなかった。東北地方に大きな津波があった貞観地震のことは、知られ始めていたが、防災に生かすまでに至っていなかった。地震の備えには、将来予測される地震の規模の想定が必要になる。だから、大津波への備え不足は、地震学者たちの予測が甘かったことも背景にある。いまだ先行きが見通せない福島第一原発事故や関連した問題が注視されるが、原発事故がなければ地震学者たちは、もっと社会から非難されただろう。
この「地震学者」とくくられる研究者たちも、様々な専門分野や立場がある。そんな彼らの姿を朝日新聞夕刊1面の連載『ニッポン人脈記』で2012年10月からとりあげた。
本書はこの連載を発展させ、地震を研究する学者はどのような人々か、研究をとりまく環境の変化、防災政策の背景などを整理しつつ、現在の政策にも関連する地震研究の歴史、地震学者たちが何をしようとしてきたのかを読み解いた。
地震が起きると、学者たちは、すぐに発生の仕組みを説明し、被害が大きくなった原因を解説する。すると、「これだけのことがたちどころにわかる地震学は、ずいぶんと進んだ学問だ」と感じてしまう。だが、今の学問水準では、起きた現象は説明できても、将来の予測はあやふやなのだ。
地震学は、物理や化学のような不変で明確な法則の理論体系が完成していない発展途上の学問であり、予測が困難な自然が相手という限界もある。一方で、地震が被害を及ぼすため、社会への貢献が求められる。他の分野に比べて巨額というわけでもない予算も、地震後に増えれば「焼け太り」、予測が外れれば「無駄遣い」の批判が絶えない。科学として静かに地震の研究にいそしみにくい気の毒な面もある。ただ、「予知につながる」「防災に役立つ」と予算を獲得してきた経緯も見過ごせない。「社会に貢献できる」とした主張は、社会が不十分だと考えたときに、そのまま批判につながる。
地震学や防災行政を取り巻く状況、地震学者たちが何を思い、どのような研究をしているのかを伝えることは、地震学を過大にも過小にも評価せず、その限界を踏まえて、社会が防災対策を考える助けになるだろう。
2014年5月、福井地裁が関西電力大飯原発の運転差し止めを認める判決を出した。判決文には、将来起きると予測される自然現象に対する予測の限界を示した上で「地震という自然の前における人間の能力の限界を示すものというしかない」と指摘した。東日本大震災の大きな教訓と言っていい。
しかし、再稼働をめぐり九州電力川内原発で問題化した火山対策では、繰り返されてきた巨大噴火について、我々はわずかな知識しかもたないのに、発生の予測や対処も可能だと九電が主張、原子力規制委員会も大筋で認めている。
災害対策は、自然が相手だから、「わからない」は必ず残り、対策に万全はあり得ない。リスクを示した上で、社会が許容するかを問わなければならない。でなければ「安全神話」は繰り返される。
3・11から時間が経つにつれ、研究者や防災行政に携わる人々は「総反省」状態から立ち直り、震災直後とは違う考えをしている。震災前後の自分たちの振る舞いのつじつまが合うように主張が修正され、それぞれの「史観」が作り出されていく。よく言えば、前向きになるための理屈づけ、悪く言えば自分や組織の誇りや立場を守ろうとしている。もっとも、そう見えるのも、私の「史観」なのかも知れない。
それだけ、地震や災害をとりまく背景には人間的な要素が含まれている。本書が、地震や災害の報道の背景に何があるのか、隠されている思惑は何かを見極める手がかりの一つになれば幸いである。

(くろさわ・たいりく 朝日新聞編集委員)

感想を送る

新刊お知らせメール

黒沢大陸
登録する
社会学
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

「地震予知」の幻想―地震学者たちが語る反省と限界―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto