ホーム > 書籍詳細:野良ビトたちの燃え上がる肖像

「生きてるうちは、生きなきゃなんねぇからな」
怒りと希望に満ちた世界を描く問題作。

野良ビトたちの燃え上がる肖像

木村友祐/著

1,728円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/11/30

読み仮名 ノラビトタチノモエアガルショウゾウ
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 174ページ
ISBN 978-4-10-336132-9
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品
定価 1,728円
電子書籍 価格 1,382円
電子書籍 配信開始日 2017/05/05

河川敷で猫と暮らす柳さんは、アルミ缶を集めて生活費とキャットフード代を稼いでいる。あちこちでホームレスが増えてきたある日、「野良ビトに缶を与えないでください」という看板を見つける。やがて国ぐるみで野宿者を隔離しようとする計画が……。ほんの少しだけ未来の日本を舞台に、格差、貧困、差別の問題に迫る新鋭の力作。

著者プロフィール

木村友祐 キムラ・ユウスケ

1970年青森県八戸市生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒。2009年『海猫ツリーハウス』(集英社刊)で第33回すばる文学賞受賞。2012年「イサの氾濫」で第25回三島由紀夫賞候補、2014年『聖地Cs』(新潮社刊)で第36回野間文芸新人賞候補、2016年『イサの氾濫』(未來社刊)で第38回野間文芸新人賞候補となる。

書評

火はそこらじゅうにある

岸政彦

 90年代後半、バブルが崩壊し日本が本格的にデフレに突入していくと、全国の河川敷や公園にはホームレスの姿が目立って増えていった。しばらくの間、対策らしい対策を何も打たなかった行政も、ゼロ年代に入ると住所をもたない路上のホームレスにも生活保護を支給しはじめ、見かけ上の数は激減していった。2003年には全国に2万5千人いたホームレスも、2015年には6500人と報告された。さすがにこれは少なすぎるのではないかと指摘されているが、全体の数が減っていることは確かだろう。
 しかしそういう状況でも、街から河川敷へと追いやられる人々はあいかわらずたくさんいる。この作品の主人公、柳さんもそのひとりだ。ずっと建築現場で働いてきたのだが、現場の事故で体を壊してしまい、あっというまにホームレスになってしまった。いまでは河川敷で、ムスビという一匹の猫と一緒に暮らしている。もうひとりの主人公の木下も、歳はまだ若いのに、働けなくなって河川敷の仲間に加わった。しばらくは牧歌的な河川敷生活が続くのだが、東京が、いや世界がどんどん、悪い方向に向かっていく。経済は悪化し、格差と貧困が拡大していく。そして河川敷にも、女性や外国人など、新しい顔が加わっていく。
 河川敷と対比して、警備員によって守られたゲートのなかの、高級タワーマンションの世界が描かれる。一握りの成功者たちがそこに暮らしているのだが、子どもたちは受験戦争の重圧のもとで心を病んでいく。
 ここでは何が描かれているのだろうか。木村友祐が描いているのは、河川敷のホームレスの悲惨さ、排除される外国人、暴力のもとでくらす女性たち、そして競争の重圧に押しつぶされる中流階級の小金持ちたちだが、それぞれがみな、エキセントリックな存在ではなく、どこにでもいる当たり前の存在である。一方で、私たちの当たり前の生活が、いかに脆く、壊れやすいものであるかが語られる。そして同時に、当たり前の生活を踏みにじって手に入れるべき、塀に囲まれた塔の中の生活もまた、過酷で息苦しい。
 やがて経済がさらに悪化し、河川敷のホームレスも激増していく。そしてそれに呼応して、住宅地では排外主義がはびこり、武装自衛団が街をパトロールする。住宅地と河川敷は、お互いに対する憎悪を加速させ、一触即発の不穏な空気が漂い始める。
 そして河川敷は、街は、「燃え上がる」。河川敷の人びとは、それぞれの人生を背負い、自らの尊厳をかけて、不安と憎悪が生み出した「火」に立ち向かうのだ。
 この火はどこで燃えているのだろう。それは、河川敷で、ゲーティッド・コミュニティで、ドヤ街で、高級住宅地で、駅のホームで燃えている。それは、コンビニで、自動車工場で、教室で、寝室で、キャバクラで、大学で燃えている。それは、秋葉原で、西成で、ディズニーランドで、首相官邸で燃えている。私たちはいま、燃え上がっているのだ。木村友祐は、燃え上がる私たちの肖像を描く。木村友祐が描くべき物語は、そこらじゅうにある。
 私は文学には疎いが、それでも固有名詞のずらし方や後半の人称の転換などに、不必要な力みを感じた。だが、そうした瑣末な点よりもむしろ、この作品の最大の問題は、「短すぎる」ということではないかと思った。文学の領域ではこれからますます、政治的なものが語られるようになるだろう。政治的なものをきちんと「面白い」物語にできる木村友祐の才能は、貴重だ。河川敷やタワーマンションだけでなく、この国の、この街のあらゆる路上の片隅で燃え続ける火が、木村友祐によって描かれることを待っているのだ。


(きし・まさひこ 社会学者)
波 2016年12月号より

感想を送る

新刊お知らせメール

木村友祐
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

野良ビトたちの燃え上がる肖像

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

野良ビトたちの燃え上がる肖像

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!