ホーム > 書籍詳細:出版禁止

なぜ「心中事件」のルポは、闇に葬られたのか――あの「放送禁止」の監督は、小説書いても、凄かった!

出版禁止

長江俊和/著

1,944円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/08/22

読み仮名 シュッパンキンシ
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 266ページ
ISBN 978-4-10-336171-8
C-CODE 0093
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 1,944円
電子書籍 価格 1,555円
電子書籍 配信開始日 2015/02/13

題材は、ある「心中事件」。死ぬことができなかった女性へのインタビューを中心に構成されたルポ「カミュの刺客」は、なぜ封印されたのか? 熱狂的中毒者続出の「放送禁止」の生みの親、長江俊和が放つ、繊細かつ大胆なミステリ。先入観を投げ捨てて、禁じられたこの世界へどうぞ。こんなに何度も「驚愕」できる本、滅多にないです!

著者プロフィール

長江俊和 ナガエ・トシカズ

1966(昭和41)年大阪府生まれ。映像作家、小説家。深夜番組「放送禁止」を制作、熱狂的なファンを生む。監督として映画化し、上映。2014年、小説『出版禁止』を上梓し話題に。著作に『ゴーストシステム』『掲載禁止』『東京二十三区女』など。『検索禁止』は初のノンフィクション。

目次

序 長江俊和
カミュの刺客 若橋呉成
「カミュの刺客」出版にあたって 長江俊和

インタビュー/対談/エッセイ

波 2014年9月号より 小説家・長江俊和に訊く

長江俊和

――まずは、『出版禁止』出版、おめでとうございます。
 ありがとうございます。

――『出版禁止』は、いつ頃から構想され、どのくらい執筆に時間がかかりましたか?
 三年前に、小説新潮の編集長から、「掲載禁止」というタイトルの小説を書いてみてはどうか? というオファーを頂きました。私も以前から、『放送禁止』の手法を小説の世界に応用した、フェイク・ルポルタージュみたいなものを書いてみたいと考えていましたので、早速取り組むことにしました。その間、映像の仕事も並行してやっておりましたので、執筆には三年かかりました。タイトルは途中で「刊行禁止」に変わり、最終的に『出版禁止』で落ち着きました。

――今回、なぜ「心中」をテーマにしようと思ったのですか?
 最初は「掲載禁止」というタイトルがあっただけで、どういう小説にするか、アイデアも何もない状態でした。そんな時、偶然CS放送で『西陣心中』という映画を見ました。

――一九七七年公開、高林陽一監督のATG映画ですね。
 はい。高林監督の『本陣殺人事件』が、横溝映画ベスト3に入るくらい大好きな作品だったので、『西陣心中』は見たいと思っていました。映画を見て、耽美的な映像と主演の島村佳江さんの美しさにやられてしまい、この世界を小説にできないものか、と思ったんです。同時期に、連城三紀彦さんの傑作小説『戻り川心中』を読み、「心中」という世界に大きく心が揺り動かされました。それが、心中でフェイク・ルポルタージュを書いてみようと考えた動機です。

――映像作家なのに、なぜ小説を書こうと思ったんでしたっけ?
 もともと小説を読むのが好きで、学生時代には、横溝正史、安部公房、筒井康隆、村上春樹を貪るように読みました。

――筒井康隆さんと言えば、私が監督させて頂いた『富豪刑事』のドラマを思い出しますね。あのドラマには原作者である筒井先生も出演され、打ち上げでは先生に、ゆっくりお話しを伺う機会にも恵まれました。
 そうでした。あの時、サインして頂いた『虚航船団』初版本は私の宝物です。もともと私は、SFや幻想文学に興味があり、映像作品もそういった類のものが多いのですが、『放送禁止』を手がけて、ミステリーを作る面白さに目覚めました。

――お陰様で『放送禁止』シリーズは、数多くの方に支持を得ることができました。最初始めた時は、深夜の単発ドラマ企画で、心置きなく楽しんで作っていました。ゴールデンの番組ではできない仕掛けや演出を実験したり、自主映画やクラブ活動の乗りで制作していたんです。「こんな夜遅く、どうせ誰も見ていないから好きなことやるぞ!!」って感覚で。
 そうしたら、ネットでじわじわ反響が来たんですよね。『放送禁止』は、ミステリー小説の叙述トリックを映像に応用したテレビドラマでした。そこで今度は、本当のミステリー小説に挑戦することになったんです。

――短編小説を書かれたんですよね。小説新潮に掲載された「杜の囚人」と「原罪SHOW」ですね。
「原罪SHOW」は、日本推理作家協会の年刊アンソロジー『ザ・ベストミステリーズ2012』にも選出され、大きな励みとなりました。これからも、小説を書き続けて行けたら、この上ない幸せです。

――小説の執筆に時間をとられて、映像の仕事がおろそかになると困るんですけど。
 そんなことはありませんよ、ちゃんと映画も作っています。

――どんな映画ですか?
 放送禁止の新作で、『放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~』、十月十一日公開です。今回のテーマは、「洗脳」です。

――映画の方、楽しみにしています。
 小説も、次回作期待しています。頑張って下さい……。あれ、なんか逆になってません!?

――確かに、どっちがどっちか、わからなくなってきました。
 では、この辺でお開きに。

(ながえ・としかず 映像作家・小説家)

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

長江俊和
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

出版禁止

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

出版禁止

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!